スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花がいっぱい

今週は出版のお仕事の最終の詰め作業に追われ・・・なんだか日々ドタバタしているのですが、個人的な遊びももちろん 昨日は先月に引き続き美恵ちゃんと観劇に行ってきました。舞台大好き

もちろん仕事もちゃんと。この日は出版社の方が夕方にいらして、お互いチェックした原稿の照らし合わせ。今回出す本は、出版社のジャンルの中では「歴史分野」に値するそうで、エッセイや紀行などより、校閲チェックが厳しいとのこと。もう一息・・・のところまできているので、気合いを入れて・・・ ですね。

それにしても・・・知らない日本語の多いこと。
貴顕」(きけん―身分が高く名声があること、貴顕紳士)、初めて聞きました。もしかしたら、今まで読んだ本に出てきていたのかな。読み流していたということかしら・・・。
色々な意味で勉強になります。そして反省にもなります(-.-)

20120105-150.jpg

お写真の三越デパートでのレッスン(レッスン後早速、サロンの体験レッスンにお申し込みのお電話を下さった方も!嬉しい!)、そして原稿チェックも立て込んでいるため、最近はスタッフの出入りも激しいサロンですが、昨日は更に珍しく、平日昼のサロンにスタッフ6名大集合。

お酒抜きでスタッフがこんなに集まるなんて、かなり久しぶり?? 打ち合わせを兼ねてランチしながら、「昼間にこうして顔を合わせるなんて、変な感じだね~」なんて(笑)こんな時のお昼ご飯は、お料理大好きな美恵ちゃん、飲食店経験の長い愛ちゃんが、さっさっ・・・と!昨日は生パスタでした(^^)

たまえ先生が頑張ってくれたため、サロンの玄関先も春のお花でいっぱいに 桜もかろうじて週末まではその姿をとどめてくれそうなので。レッスンにいらした際には、ぜひサロンの玄関先、そしてお寺の桜をお楽しみ下さい。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
スポンサーサイト

お隣養福寺さんの桜

レッスンがお休みの日、りつえ先生と、えりちゃんが集合し、原稿チェック。結局お仕事の1日となったこの日。

途中奥田さんと電話会議をしつつ、ひたすら原稿と睨めっこ。何度読んでも気になるところが出てきて、ひ~っっっ!更にはこの場に及んで、写真の取り違いなども発覚・・・カメラマンさんにもご足労をかけてしまい猛反省しています

そんな中でも癒やしは、窓から見える桜。お隣の養福寺さんの桜が今まさに満開!!!レストランだったら確実に予約席になるほど、サロンの窓から眺めることができます。

20120105-146.jpg

窓から見える桜がとても綺麗で、近くに行ってみなくちゃ~と、夕方養福寺さんに、息抜きとばかりにお花見に行ってきました。観光客の方もたくさん来ていましたよ。

寒緋桜、ウコン桜、ソメイヨシノ ・・・何種類も桜があり、それぞれが本当に見事。そして満開の桜の中から見るサロンも格別♪ いつも以上に我が家が可愛く思えました。
入り口の八重桜のつぼみも膨らんできていて・・・こちらもとても楽しみです。

20120105-145.jpg

しかし恐るべし花粉。たった30分ほどの時間だったのに、帰宅したら、私もりつえ先生も、えりちゃんも全身が痒い~ 頭皮から始まり、顔も・・・慌ててコンタクトを外し、顔を洗い鼻スプレーをする羽目になりました。。。お外で桜を愛でつつお酒を・・・なんて、現実的に無理 悲しい事実に打ちのめされました。

花粉症でない方は、ぜひぜひ気持ちいい風の中でお花見して下さいね。私たちは家の中からこっそり楽しみます。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

サロンをご紹介頂きました♪

★お教室からのお知らせ★
ダージリン・ファーストフラッシュ、第1便が届きました。毎年恒例ジュンパナ茶園DJ1今年も無事入荷致しました。本日より、サロン&ネットで販売開始致します。よろしくお願いいたします。
ネットショップからのご注文はこちら

20120105-131.jpg


春は新規の生徒様も増える季節♪
なんて言われていますが(^^;)Cha Tea の入校生は実は通年通して平均的。「新年に新しいこと」「春には習い事」なんて時代は変わったのかしら??まあ何はともあれ、本校だけでなく認定校にもコンスタントに生徒様がご入校され・・・本当に有り難い限りです。

入校シーズンとは何の関係もないのですが、第1サロン、第2サロン共に、偶然にもご紹介を頂く機会に恵まれました。

まずは第1サロン。上のお写真3枚は第1サロンです。
2月に取材に来て頂いたインテリア雑誌「Bon Chic」の最新号に掲載されました。驚くほどゴージャスなお家が多い誌面の中・・・こんなに小さなお家が載っても良いのかしら。。。とスタッフ一同、やや、いやとても不安
「谷中に素敵なお教室があるらしいですよ」との、読者の方からのご推薦だったとお聞きし・・・お会いしたことのないどなたかに、大感謝。有り難いことです。

20120105-124.jpg

そして第2サロン。下の写真が第2サロンです。
第2サロンのリフォームを担当してくれたコッツワールドさんのブログでご紹介頂きました。Before→After、すっかり現状になれてしまった第2サロンですが、施工前の写真を見るとこんな感じだったのね・・・と懐かしい。

賃貸マンションの一室が「私たちらしい部屋」になった喜びを実感します。私は別件の仕事でご一緒できなかったのですが、昨日は第2サロンにティアドロップのオーナー由実さんが遊びに来てくれたとのこと。次はぜひ一緒にお茶を。

そういえば・・・ここ1週間、ドタバタしていて第2サロンに足を踏み入れていません(爆)お掃除大丈夫かしら。。。日曜日からのマスタークラス「紅茶とチーズ」会場は第2サロンなのでお間違いないように。こちらの講座なんとテイスティングして頂くチーズが7種類。どうぞお楽しみに。


BonChic VOL.6―優雅さと洗練と。アンティークの魅力を暮らしに (別冊PLUS1 LIVING)BonChic VOL.6―優雅さと洗練と。アンティークの魅力を暮らしに (別冊PLUS1 LIVING)
(2012/03/29)
主婦の友社

商品詳細を見る

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

ありがとうございました

★教室からのお知らせ★
5月のレッスン予約は4月27日(火)22時から開始予定です。復会をご希望の生徒様は、27日(火)午前中までにチケット購入をお済ませ下さい。次のお手続きは4月3日以降とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


たくさんの「おめでとう」を頂いた一週間、10年という節目の年に、こうして皆様とお茶を楽しめていること、その偶然に感謝しています。
こんなにお花に囲まれて過ごしたのは結婚式以来でしょうか。サロンの1階も2階もお祝いに頂いたたくさんのお花に埋め尽くされ・・・まるでお花畑 幸せな空間をありがとうございます。

そしてグルメな皆様からの美味しい差し入れもたくさん。お一人お一人のこだわりのお店の味、堪能させて頂いています。お心遣い本当にありがとうございました。

20120105-122.jpg

写真にはとてものせきれないくらいたくさんの真心を頂いています。手編みのレース、手作りのシュガーアート、スイーツ、飲み助の私たちにと、美味しいワインもたくさん・・・♪

お教室がここまで大きくなったのも、レッスンに参加して下さっている皆様がいてこそ。
Cha Tea大好きです!!!11周年ももちろん、ずーっと先生について行くのでよろしくです」こんな嬉しいメールに恥じないように、少しでも喜んで頂けることが増えるように。スタッフ一同精進して参りますね。

本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

出版準備も進んでいます

イベントの合間をぬい、怒濤の原稿チェックが始まっています。ふくろうの本は、歴史書とも捉えられると言うことで。他の本よりも厳しい「校閲」があると聞いてはいたのですが。はじめての経験なので、さてどんなものだろう??と。

原稿が来る前日に編集長さんが「ふくろうの本の校閲はかなり厳しいので、大学の先生でもショックを受けることが多いのですが、普通のことですので、驚かなくて良いですからね 」とにーっこり言われていたのですが・・・確かにすごいです。

20120105-113.jpg

編集を担当して下さっている奥田実紀さんからもこんなメールが。

「校閲さんのチェックを受け取りました。はあ~~~さすが~~~(@ @) 
すごいものです、恐れ入りましたという感じです」


本を何冊も執筆されている奥田さんでもビックリされるふくろうの本の校閲。でもその厳しいチェックがあるからこそ、長く手元に置いて頂ける本になるのでは・・・と前向きに。そして、とにかく私たちは他の本の経験が少ないので、「最初が厳しくて良かったね」と素直に受け止めて。

20120105-114.jpg

しかし、軽く1章をチェックするのに1時間ではとても足りず・・・何度も何度も読み返さなくてはいけないことを考えると、日曜日までに終わるのかしら。。。

癒やしの時間はやはりティータイム。お祝いに・・・と生徒様から頂いた白妙のチーズケーキと、生徒様の娘さんの手作りパウンドケーキ♪ 愛情たっぷりのスイーツ、大好きなマイセンの器・・・元気がわき出てきます!!!お心遣いありがとうございます。

今日のブログにはのせられないのですが、サロンは今お花でいっぱい 本当に幸せな時間を過ごさせて頂いています。本日お会いします皆様もお腹をすかせていらして下さい。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

世界のミルクティー~会場は第2サロンです♪

レッスンがお休みの日、新しい本の内容チェックのために、スタッフたちが大集合。12時に集合して、気付けば21時過ぎまで。ペン を片手に黙々と原稿を読む。地味な仕事です。専門の校閲業者さんと並行しての作業なのですが、あんなに確認したはずなのに・・・残念なことに、ビックリするくらい表記のミスが続出。全てのページに近く印が入っています、トホホ 校閲さんのご指摘もビクビクです・・・。

それでも、サロンで撮った写真、私が旅先で撮影した写真、アンティークの資料などが、文章と合わさった原稿は、とてもとても愛おしく。きっと良い本になるはず!を合い言葉に。

1つの本を生み出す作業・・・きっと前回の本の際も、ライターさんは本当に大変だったんだろうな・・・と改めて感謝の気持ちでいっぱいになっています。

20120105-092.jpg

さて、本のことも頭から抜けない日々なのですが、本日からはマスタークラス「世界のミルクティー」も始まります♪

ミルクの飲み比べもアドバンスドクラスからより一歩ステップ。マニアックな内容で(笑)色々なミルクティーのテイスティングも盛り上がりそうです。そしてスイーツも講座テーマに合わせてこだわりましたよ~。きっとはじめて食べる方が多いのでは というお品をお取り寄せしています。楽しみにしていて下さいね。

さて、こちらの講座会場は「第2サロン」になりますので充分ご注意下さい。地図の方はホームページで確認して下さいね。どうぞよろしくお願いいたします。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

今週は勝負です~♪

週末は、夫のフットサルチームの男の子が遊びに来てくれて、7名でワイン会♪
我が家にいらしてくれるのは2度目の彼は、私より10近く下の男の子ですが、とっても素直に色々なことに反応してくれるので嬉しい。

今回は自分でチョイスした赤ワインを2本、そしてお土産で頂いたというアイスワインを持参してくれました。「あのグラスが合う」「こっちのグラスの方が香りが立つね」楽しい時間です。

またまたボトルがたくさんあきました。コルクが欲しい!と言っていた生徒様、しっかりたまってますのでサロンで声をかけてね。

20120105-089.jpg

プライベートのおもてなしも楽しいですが、もちろんレッスンでのおもてなしも大好き。
エインズレイ社とのイベントでお貸し頂いた2段スタンド。とても使い勝手がよくいいなー、通常のレッスンでも使いたい!と言っていたら。スタッフのえりちゃんが「うちにありますよ~」と、サロンにある食器と同柄のロイヤルアルバート社のオールドカントリーローズの2段スタンドを持参してくれました。可愛い

と言うことで・・・ベーシッククラス「ティーパーティーの開き方」のレッスンで早速披露♪ 生徒様の反応がとても楽しみ。どんなテーブルになったのかはまた後日。

20120105-088.jpg

こんな風にレッスンの準備をしつつ、手の空いているスタッフは原稿のチェックに入っています。300点以上の資料がとてもバランスよく配置されていて。最後まで楽しめる本になりそう。1つ1つの資料の注釈、文章に合う形で挿入されているかを再度見直して。この作業、かなりの集中力が問われます。

最終チェックには現在ロンドンにいるティアドロップの由美さんも参加してくれることになっているので、それまでに見るところは見ておかないと。今週はマスタークラスのレッスンもスタートするので、スケジュールを考えると考えるとちょっと怖い~ しばらくまたお休み返上の日々ですが、頑張りますよ~。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

年表製作

★教室からのお知らせ★
4月のレッスン予約は2月28日(火)深夜0時から開始予定です。復会をご希望の生徒様は、27日(月)午前中までにチケット購入をお済ませ下さい。次のお手続きは3月5日以降とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


週末は第1サロン、第2サロンのW稼働。あっちでレッスン、こっちでレッスン、どちらのサロンも私たちにとってお気に入りの空間なので、移動も楽しんでいます。

そしてレッスンの合間をぬって・・・取り組んでいたのは、5月出版予定の本の巻末にのせる参考文献リストと年表製作の製作。年表製作は、前回の「紅茶のすべてがわかる辞典」でも取り組みましたので2度目の経験なのですが、これが意外に骨が折れる作業

古い史実ですと、年号がはっきりしない歴史的事項も有り。さて、どの文献に合わせて統一していこうか・・・決めるにはこれでもかと文献を探す必要もあり。気付けば机の上が本だらけ。

20120105-076.jpg

幸いなことにサロンの1階は「紅茶図書館」と言えるほど、紅茶の本が揃っているので、その点は楽ちん。廃版の本や、洋書も多いので、調べものには便利です。ちなみに本はこれだけではなく・・・品川の倉庫に更に段ボールでどさっと積んでいるんですよ

今回は私たちのたっての希望で、歴史背景が分かる映画の一覧表を年表に入れ込んでいく予定なのですが、載せたい映画が60本を越し・・・これはさすがに全部載らないかな??いや載せて欲しい・・・のせめぎ合い。こちらもDVDが机の上にどさっとなり・・・ついつい懐かしくて「これまた見たい」なんて試験前の子供のようなことをしていると、作業がはかどらない~。

お休みの日のたまえ先生とも電話で連絡を取りつつ何とか一段落。ここから編集の方のチェックが入り、出版社の方のチェック、専門業者による校閲・・・と、1つの本が形になるまでは道のりが長い。上手く収まると良いのですが・・・

さて、日付が変わったら4月の予約も開始です。どうぞよろしくお願いいたします。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

基本を知ると目から鱗 グラスの基本

マスタークラス「グラスの基本」、アドバンスドの洋食器のレッスンと対にしたい講座内容。食器好きの生徒様にはぜひにの受講をおすすめします。基本を知ると目から鱗。そして見るだけではなく、触れて口をつけることで分かる感動があります。

本日のグラスは、右クリスタルガラスの王道ボヘミア500PKのロックグラス。クリスタルならではの美しいカット、光の屈折率は最高です。キャンドルホルダーとして使用したら・・・スタッフみんな「ほーっ 」とため息。

右はカリガラスの王道モーゼル。エリザベス二世の戴冠祝いの祝賀会で使用されたスプレンテッド。固いカリガラスをここまで細工するかという彫刻技術。金を贅沢にかぶせてあるのに、柔らかく薄い飲み口・・・まさに王のグラスです。グラスの足下に反射する光が綺麗。

20120105-072.jpg

もてなされ上手の生徒様たち・・・講座のテーマに合わせて、バカラのハートのペンダント、ロブマイヤーのシャンデリアのパーツで作ったネックレス、スワロフスキークリスタルの指輪などなど・・・ガラス製品を身につけてきて下さる方も。こうした心遣いはとても嬉しい

ちなみにスタッフも講座テーマを意識してアクセサリーを選びます。私は、マイセンクリスタルと、ヴェネチアンガラスのペンダントを交互に。他のメンバーはロブマイヤーのペンダントを。

これが洋食器のレッスンとなると、ヘレンドや、ジノリ、マイセンのアクセサリーにチェンジ。食器、グラスの講座の際はスタッフの胸元にも注目して下さいね。

グラスの講座「2月29日(水) 14:00~16:00」に2席余裕があります。ご都合の合う方はぜひご参加下さい。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

サロンの取材♪

昨日4月発行の都内のスクール特集の本の取材でした。なるべく日差しが入る時間で・・・とのリクエストを頂き、午後の取材になりました。これでもかと、たーくさん写真を撮って頂き、ありがとうございます。誌面のできあがりがとても楽しみです。

取材にいらしたライターさんが、専門はインテリアで、アンティーク屋さんの取材を年200件もされているとのことで・・・都内のアンティーク屋さんに本当に詳しい。シャンデリアのパーツを専門に扱っているお店のことなど、色々嬉しい情報も教えて頂きました。

20120105-070.jpg

今回は第1サロンのみの取材でしたが、雰囲気の違う第2サロンも何かの機会にご紹介できたら良いなと夢は膨らみます。いつか第2サロンも見て頂いて、アドバイスして欲しい!!
そのためには、第2サロンの居心地の良い部屋作り・・・進めていけなければ

第2サロンのインテリアについては、インテリア好きの生徒様とも「どんな風に改良したら良いかしら」とレッスンの度にお話ししているのですが。今第2サロンのインテリアでとても気になっているのが「照明」。

マンションの9階ならでは自然光がさんさんと入る第2サロンは昼間はとーっても良い雰囲気。しかし夜になると・・・照明の光が「白に近い黄色」に思えて・・・気になる。

20120105-069.jpg

第一サロンのサロンの光は「オレンジに近い」まさにキャンドルの炎の色 バーやダイニングバーなどを代表する西洋での光の雰囲気にとても近いのです。生徒様は「壁の色かな~」と、建築士さんは「電球のカバーが白いからかも」と。

家具が壁面に1つしかないことも壁紙の白さが目立つ理由かしら・・・? まずは白壁一面のスペースにレトロな家具をいれてみよう・・・と、本日サロンから家具が1つお嫁に行きました。第2サロンに入った家具を見るのが楽しみです。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
sidetitleプロフィールsidetitle

碧@Cha Tea

Author:碧@Cha Tea
紅茶教室 
Cha Tea紅茶教室

監修本 
紅茶のすべてがわかる事典

※当ブログ内のすべての画像の無断転用はお断りいたします

sidetitle夢を叶えるための名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。