スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サロンがミニチュアに!!!!

生徒様のO様から、素晴らしい贈り物を頂きました!!!シュガーで作ったサロンです!!!
2月の頭にO様から「シュガーアートでサロンを作りたいのですが・・・」とのメールが。日本シュガーアート協会の2011年のコンテストでグランプリ をとられたO様。「こんな感じで作っているんです」と送って頂いたシンデレラ城のシュガーアートの作品がとても可愛くて。

もちろん大歓迎です~!!!!!と即答。レッスンの際にたくさんサロンの写真を撮って下さり。私たちからは普段は見えない屋根の部分や、煙突の上のチムニーポットのお写真をお渡しして。

20120105-115.jpg

どんな感じに出来上がるのかしら・・・とワクワクしていたら。なんと10周年のイベントに合わせて、ご持参下さいました。居合わせた生徒様一同「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ 」大絶叫。

サロンがそのままミニチュアに。長い、短い・・・こだわって職人さんに貼って頂いたレンガ、レンガを固定する白いクオインと呼ばれる石の数、煙突の上の2本のチムニーポット、屋根の瓦まで現物にそっくり。正面だけで(T.T)、お家の側面まで完璧な再現・・・言葉が出ないくらいの感動

20120105-116.jpg

玄関扉のお茶のお花を描いたステンドグラス、飾っていた赤いリース、いつも玄関前に置いているお教室のパンフ、そして窓辺に飾ってあったビッグベン、英国製のフラワーバルコニーまで丁寧に再現されています。

2階の窓からは、いつも置いているハロッズのクマちゃん も顔を出して・・・可愛すぎます。台の部分のカラフルな三角形の飾りは、玄関前に埋め込んであるロイヤルアルバートの磁器をイメージして作って下さったとのこと。繊細に作られた春のお花がサロンを囲み・・・なんて幸せな空間!!

20120105-117.jpg

帰宅した夫も、いつなく大興奮。「すごい、そっくりだね~」と、たくさん写真を撮っていました。サロンを建築して下さったコッツワールドの皆様にもこれはぜひ見て欲しい!!!

10年の節目の年に、こんなに嬉しい贈り物 をいただけるとは・・・。O様本当にありがとうございました。愛情が籠もったシュガーのお家、大切に大切にさせいただきます。

お家はサロンに飾っていますので、レッスンにいらした皆様ぜひ実物を見て下さい。その細かさに感動して頂けるはずです

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
スポンサーサイト

コッツワールドさんの建築レポート

☆お教室からのお知らせ☆
12月28日~1月5日までサロンはお休みを頂いています。この間のご予約はメールのみで承っています。チケット代金のご入金確認もお休み明けになりますのでご了承下さい。


サロンを建築して下さったコッツワールドの小尾社長が、今更(笑)いえいえ、ありがたーい建築レポートを書いて下さいました。引っ越して1年と4ヶ月。施工中のことはもう何年も前のように感じますが、レポートを見ているととても懐かしくなり・・・

Part1 顔合わせ~基礎設計まで
打ち合わせは楽しかったな-。地鎮祭の時はとにかく花粉が酷くて。涙、涙・・・何も考えられませんでした(爆)でもスタッフも一緒の地鎮祭、楽しかったですよ。

Part2 英国建材の到着
本棚ドア、洗面台、看板などなど・・・たくさんの英国建材、どれも予想以上に大きくてちょっと驚きでした。アンティークタイルはオールミントンにこだわって。真夏の暑い中、あーだこーだ順番を決めて。おかげで素敵な階段ができました。

Part3 煉瓦&タイル施工
日本ではまだ施工例の少ない本物のイギリス製の煉瓦。積み方は名誉革命後の建物に多いフランス式に。立体感が出て満足。そして床のヴィクトリアン・フロアタイルは、旧岩崎邸のミントンタイルをモデルにデザインして貰いました。床下には美術館仕様のスコットランド製の床暖房も快適です。

Part4 内装・壁
オークパネリング、リンクラスタ、壁紙、ペンキ・・・様々な手法で壁がどんどん彩られていき・・・少しずつ部屋らしくなってきましたよ。床のイングリッシュ・オーク、ホテル顔負けの質感です。

Part5 玄関アプローチ
トワイニング本店の入り口からヒントを得たモザイクタイル、職人さん泣かせ・・・ありがとうございます。そして磁器を使っての玄関アプローチ。ロイヤルアルバート社の食器で施工して貰いました。雨の日がこれまた良いのです。

Part6 玄関ドア
玄関の横の窓からツリーが見える、設計図を見せて頂いた時に、思い出したのがロイヤルアルバート社の2002イヤープレート。ドアのデザインはこちらから頂き、ステンドグラスの一部をオリジナルに。お茶のお花と、一心二葉、紅茶教室らしい扉になりました。防火扉とは思えない可愛さ。お色はフォートナム&メイソンの壁の色に揃えて。こだわりすぎですかね(笑)?


あと1話で完結するのかな??皆様またのぞいて下さい。
私だけでなく、スタッフもみんなで楽しんだ半年の工事。たくさんの人が入れ替わり立ち替わり見に行くものだから、大工さんも「誰が施主さん 」混乱していましたね(笑)今となっては何もかもが懐かしい。

コッツさん素敵なお家をありがとうございます。あれこれのハプニングも含めて?!今後ともよろしくね(笑)


追伸
こちらは無事ポルトガルに到着、マニアックな旅をスタートさせています。泊まっているホテルのアズレージョ(タイル)が素晴らしく、こんなタイルの使い方もあるのね・・・と感動しています。

201201-001.jpg

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

Twinkle, Twinkle, Little リリパットレーンのお家

マスタークラス「British House 」の教材にさせていただくリリパットレーンさんのお家はどの子もイギリスに実際に実在するお家。

「あなたのお家をフィギュアにしたい」なんて申し出があったら・・・みんな大喜びなんだろうな・・・どんな風にお誘いが来るのかしら?電話?メール?きっとご家族で手を取り合って大興奮よね・・・なんて、余計な妄想が膨らんでしまう私やスタッフです。

私が一目惚れしたお家は左上の写真の煉瓦造りの小さなお家。サロンととても似ている雰囲気です。こちらのお家には、「Twinkle, Twinkle, Little」という名前がついていました。

201101104-076.jpg

リリパットレーンの取扱店の店員さんに我が家にとてもよく似ていて・・・とお話ししたら。18世紀に建築され、キラキラ星の英語で最初の歌詞を考案したテイラー姉妹がお住まいだったと親切にメールで教えて下さいました。そんな素敵な方が住んでいたお家に似ている!と思うと、ますます我が家が可愛くなります

お隣の無骨な石造りのお家もかっこいいですし、右端のチューダー様式の建物も捨てがたい。資料を作りながら、ニヤニヤ。早く皆様のお気に入りのお家を伺いたいな~と来月が待ち遠しい私です。

昨日は、コッツワールドの事務所で、小尾社長にこちらの資料を元に、あれこれレクチャーを受けてきましたよ。貴重な時間をありがとうございました。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

紅茶教室ならではのカーテンへのこだわり

★お教室からのお知らせ★
今年の冬休み期間は「12月26日~1月4日」までとなります。冬休み期間中はお電話での予約は出来きないので、いつもより少し早いのですが、2月のレッスン予約は22日11時より予約をスタートする予定です。現在チケットが切れている生徒様で、復会を希望される方は、21日15時までにチケット購入のお手続きをお済ませ下さい。


我が家のクリスマスの定番アイテム、スノーマンとサンタクロース。10年前の新婚旅行の際に、持ち帰った物です。新婚当時住んでいた新宿区の賃貸マンション、初めてのマイホーム墨田区のマンション、そして今年越してきた英国の家・・・と、この子たちもいつも一緒にお引っ越し をしてきました。

今年は例年以上に幸せそうに見えるのは気のせいかしら??

[photo17000106]101115-65

クリスマスのディスプレイと、講座のテーマ「ボストンティーパーティー事件」に合わせたディスプレイになっているのですが、サロンのカーテンにも秘密が?!

ダイニングのシェイドカーテン、実は実・・・ボストンティーパーティー事件をモチーフにした生地を使用していただいているのです♪

数年前にアメリカで手に入れ、いつか何かに使おうと大切にしてきた生地。英国の家を建てる際に、「この機会にこそ 」とカーテン屋さんにご相談。素敵にリメイクしていただきました。茶箱を投げている図柄・・・まさに紅茶教室らしいカーテンではないかしら??ととーっても満足しています。

[photo19155365]101115-69

日暮里の本校も週末はたくさんの生徒様で大賑わいでしたが、週末は日吉校でもクリスマスイベントが開催され・・・本校の生徒様もたくさん参加してくださったとの報告が♪ありがとうございます

Cha Tea で学んだ知識を活かしてくださる卒業生の活躍は何よりものクリスマスプレゼント ありがたや~。そうなると、お休み中のプロフェッショナルクラスもきちんと開催しなくては・・・と少々反省もしています。

前回は2週に一度2時間ずつのカリキュラムだったため、遠方からの参加者の方がちょっと大変そうでしたので 次回は1日2コマ、短期集中型にしてみようかな・・・と思っています。2月~3月の日程で火曜・日曜クラスを検討中。興味のある方は予定をあけておいてください。募集は1月のお正月明けからになりそうです。

詳しくはまた後日♪

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

憧れのフェイクブックドア

1階奥の扉。本棚・・・の形をした隠し扉。奥には小さな事務所と倉庫があります。
一見本棚にしか見えないため、私やスタッフが中から出てくると「えぇぇ 」と目を丸くされる生徒様も。イギリス映画の中の1シーン(特に書斎のシーン)登場することの多い本棚ドアは私やスタッフの憧れでした。

その夢を実現させてくれたコッツさん。そのコッツさんの事務所でこれまた一目惚れをしたのが左のお写真の「傘立て」本棚ドアの傘立てヴァージョンです。以前大好きなセレクトショップ「Gump's」で目にしたことがあったのですが、コッツさんの事務所で出逢えるとは!

[photo17210981]101115-66

新サロンにお引っ越しする際、どうしてもお揃いにしたくて・・・イギリス から取り寄せをお願いしました。
他にも、名詞立て、ティッシュボックス、ペン立て、CDボックス、コースターなど、サロンにある物は全て同じ会社の商品になります。

よくある厚紙のフェイクブックとは異なり、こちらの会社の商品は、実在の革製古典書籍(アンティーク・レザーブック)を忠実に複製しています。背表紙は全て木で作られているので雰囲気もバッチリです。昔ながらの製法を守り抜き、今も工房では手作業により丁寧に彩色が行われているそうですよ。

[photo17210985]101115-67

本の背表紙にはオリジナルの名入れをすることも可能とのことで・・・コッツさんからのサプライズでCha Tea のロゴが刻印されていて・・・スタッフ一同大感激

そんな本棚シリーズの一部が今月からコッツさんのネットショップでも購入できるようになりました。興味のある方はぜひのぞいてみてください。コッツウォルズのハチミツ もお勧めです♪
詳細はこちらから これからきっとアイテム数も増えていくはず♪ 小尾社長、楽しみにしていますね。


Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

新サロンを彩るカーテン

新サロンの建築では、本当に関わってくれた多くの業者様に恵まれたな・・・と感じています。プロデュースをしてくださったコッツワールドさんはもちろんのこと、私やスタッフにとって大きな感動を与えてくれたのが、カーテン屋さんのアベニューさんでした。

9年前に、自宅マンションを購入した際には、カーテンのことは何も考えておらず、引っ越しギリギリになってから慌ててあつらえることに。予算の見積もりも甘く、リビングダイニングのカーテンだけで予算切れ ・・・後のお部屋は通信販売で既製品を購入。「いつかお金が出来たら掛け替えよう」と思いつつ、結局そのまま9年過ごしてしまいました。

[photo10220971]101110-05

憧れの英国家具のお店でインテリアコーディネートをされている生徒様から「カーテンや照明の予算は、家の金額を決める際に一緒に考えた方が良いですよ」とアドバイスされ・・・新サロンでは、設計時からカーテンや照明についてあれこれ思いを巡らせていました。

日本橋サロン、それ以前のサロン、そして自宅で使用していたカーテンなど・・・気に入っているものはリメイクして欲しい、でもお部屋の雰囲気にも合わせて欲しい。そんな我が儘な願いを叶えてくださったのが、コッツさんから紹介されたアベニューさんでした。カーテンの提案書を見せていただいたときから・・・ワクワクが止まりませんでした

カーテン設置から2ヶ月ちょっと。この日はアベニューさんがわざわざ山梨よりカーテンの写真撮影 にいらして下さいました。「家具が入ったサロン楽しみです」そんな風におっしゃって下さっていたので・・・できるだけ美しいサロンを見ていただきたかったのですが。

何ともタイミングが悪く午前中からお昼にかけて、倉庫への荷物の搬入 が重なり、きゃぁぁぁ 何とか時間ギリギリで原状回復!本当に滑り込みでした(汗)

[photo10215723]101110-04

とても丁寧に2時間近く時間をかけて・・・1階から3階まで、それぞれのお部屋のカーテンを撮影して下さいました。私たちも便乗して写真撮影大会♪ カーテンを業者さんにお願いしたことは過去にもありましたが、こんな風に、後日改めてお部屋を見に来てくれるカーテン屋さんははじめて。アベニューさんのカーテンへのこだわりが感じられました。

新サロンオープン記念にオリジナルのティーコゼーセットも頂いてしまいました♪ 大好きなウィリアムモリスに大好きなタッセル、早速ティータイムに登場させましたよ。設置して「はい、サヨナラ」の関係ではなく、英国の家を愛している者同士、これからも末永いお付き合いが出来そうなアベニューさん。ぜひクリスマス の時期のサロン見に来て下さいね♪ いつでも大歓迎です。

最近出版された「インテリアファブリックスの本」アベニューさんのデザイナーと施工例が掲載されているとのこと。早速取り寄せることにします(^_^)

インテリアファブリックスの本インテリアファブリックスの本
(2010/10)
塩谷 博子

商品詳細を見る

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

カーテン・マジック

朝10時~18時まで・・・丸1日がかりで、カーテンが施工されました!!!!
コッツさんのご紹介で山梨からわざわざいらしていただいたアベニューさん。

建築中の新サロンを何度も見に来てくださり・・・打ち合わせも詳細に。配置予定の家具 の寸法なども1つ1つチェックし、ご提案下さるこだわりのカーテン屋さん。

いただいたデザイン画でもその素晴らしさは充分に伝わっていたのですが・・・1つ1つの窓に施工されていくカーテンを見る度に、感動、感嘆のため息

[photo30223662]100830-02

1階はフォートナムグリーンの壁のペンキに合うように優しい雰囲気で。2階のオークのお部屋は、素朴な雰囲気、暖炉のお部屋はエレガントで豪華な印象に。パソコンデスクの周りはモダンに・・・。15個の窓に、コンセプトが異なるカーテンが次々に施工されていきます。

「ホテルみたい!」「ティールームみたい」「洋書の1ページみたい」

まさに英国の家!!!!まるで昔からここにあるように・・・しっくり馴染んでいるカーテンに作業完了後一同改めて拍手!!

「家具が入ったらまた改めて写真 を撮りに来て良いですか?」とアベニューさん。ご自身の作品に対する愛情に「もちろんですよ~♪その時はゆっくり紅茶を」とお答えしました。週末コッツさんに見ていただくのも楽しみです♪

新サロン 無事引き渡し!!

★教室からのお知らせ★
10月のレッスン予約ですが、8月28日(土)10時より開始になります。現在チケットが切れており、復会をご希望の生徒様は27日金曜日15時までにチケット購入の手続きをお済ませ下さい。スケジュール発表後1週間は復会受付が出来ませんのでご了承下さい。レッスンのお申込はチケットの残り枚数分しか承れません。ご注意下さいね。

最後の最後で小さなトラブル発生?!まだ工事が続くことになってしまったのですが とりあえず。新サロン無事引き渡しが完了しました。
諸々の手続きが終わった後「お疲れ様でした!」の言葉と共に、乾杯したのは・・・もちろん紅茶

新サロンで初めて頂く紅茶は紙コップでは嫌!ということで、サロンからお気に入りのマグカップと紅茶、電気ケトルなどを持ち込んでいたのです。

[photo26204592]100825-06

初お茶は「アッサム」のミルクティーでした(^-^) 英国の家にはピッタリの選択!美味しいね~、笑顔笑顔。
本当に沢山の方の協力のもと出来上がった新サロン。胸がいっぱいのティータイムでした

楽しみにしていた玄関の扉も無事設置されましたよ。オリジナルで作っていただいたステンドグラス・・・もちろん真ん中はカメリア・シネンシス、お茶のお花です。写真ではよく見えないのですが、一芯二葉もデザインされています。

[photo26203109]100825-05

ロイヤルアルバート社の美しい絵皿の中の玄関ドアに憧れて・・・「こんな扉が良いんですけれど・・・出来れば真ん中のお花はお茶の花に変えてください 」とお願いした結果、防火ドアとは思えない愛らしい作品が納品されました。実はドアは表と裏で塗り分けされているため、サロン内から見るとまた違った雰囲気♪こちらも素敵です。

たまえ先生と美恵ちゃんは夜のレッスンのために早めに日本橋サロンへ・・・。私とえりちゃんは、工務店の方の作業が終わるまで新サロンで待機。夜 の新サロンにいるのは初めて。ペンキ塗りの壁にうつる灯りがとても綺麗で・・・ちょっと感激でした。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

モザイクタイル

★お教室からのお知らせ★
15日~23日の間は夏休み期間のため、お電話でのお問い合せ&予約受付はお休みになります。お申し込みはネットを通してのみになります。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。

本日より夏休み を頂いています。18日、22日のレッスンは通常通りですが、お申し込み受付はネットを通してのみとなりますのでご協力下さい。

さて、お盆中も新サロンはどんどん進化しています

[photo14004339]100812-05

外構の工事も順調に進んでいますよ。トワイニング社の玄関口のモザイクタイル。スタッフみんなの憧れでした。コッツワールドさんから「こんな玄関ポーチはすかがですか?」とご提案いただいた時には、ビックリ。そうなんです、これに憧れていたんですよ~と

しかしこの細かさ。職人さんは大変な作業だったようです ・・・ありがとうございます。「Cha Tea」の文字、ぜひぜひ見て下さいね♪

[photo14002329]100812-04

どどんと納品されたイングリッシュブリックは、玄関前にヘリンボーン式に敷いていただきました。レンガ職人さんの腕は素晴らしい。何とも良い味に仕上がっていました。レンガとレンガの間の小さな道には、ロイヤルアルバート社の磁器の道を作って頂くことになっているのですが・・・。

これまた思いの外大変な作業のようです。大切なお皿を割る作業にもドキドキ・・・

家の中は全館空調が入りかなり快適になりましたが、外はまだまだこの蒸し暑さ。あと10日間ほど、無事作業が終わりますように。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

歴代のサロンの想い出が

自宅教室の次にお世話になった浦安のレンタルサロン「ジュリエッタ」。イタリア雑貨やお洋服を扱うお店で・・・素敵なオーナーさんが1人で切り盛りされていました。
よしこ先生との出逢いもこのレンタルサロンでした。懐かしい!

オーナーのTaeさんにお願いして描いていただいたデザイン画は、その後紅茶缶のシンボルになったり、レジメの裏表紙のシールになったり、大活躍。そして新サロンでは、可愛らしい「看板」になって登場です。

イギリスで作ってもらった看板。夜にライトアップされた姿も早く見たいな~。Taeさんぜひ看板に会いに来てくださいね

[photo07004858]100806-01

電気が通った新サロン。照明も全てイギリス製で統一しました。ペンキで塗られた壁に、光が反射して、それはそれは幻想的。灯りがつくと途端「家 」として機能し始める空間。すごいです。

事務所の中に貼られたウイリアムモリスの壁紙。日本橋サロンのカーテンの柄と同じ。何だかとても安心感があり落ち着きます。日本橋サロンのカーテンも、もちろんリメイクして使用します。

浅草サロンの時に使用していたローラアシュレイのカーテンもリメイクされて戻ってきます。久しぶりに見てみると・・・やっぱり私の好きな柄。お気に入りは手放せません

自宅サロン、浦安のレンタルサロン、押上サロン、浅草サロン、そして日本橋サロン・・・9年間の歴史が新しいサロンにぎゅーっと凝縮されて詰まっていくこと嬉しいなと思います。1つ1つの箇所に思い入れのある新サロン。生徒様にとっての「My Cup of Tea」になると嬉しいです。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
sidetitleプロフィールsidetitle

碧@Cha Tea

Author:碧@Cha Tea
紅茶教室 
Cha Tea紅茶教室

監修本 
紅茶のすべてがわかる事典

※当ブログ内のすべての画像の無断転用はお断りいたします

sidetitle夢を叶えるための名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。