スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cha Tea 製 ダージリン塩

三越デパートでのセミナー初日、ご参加頂いた皆様ありがとうございました。今回の講座のテーマは「知って楽しむティーバッグ」♪ きちんとしたルールに従っていれさえすれば、ティーバッグの紅茶も人にお出しできる美味しい紅茶に大変身。

講座では、ウバ、ヌワラエリヤ、ディンブラ、ダージリンセカンドフラッシュ、ダージリンファーストフラッシュ5産地の紅茶のテイスティングにもチャレンジして頂きます。
可愛い洋食器 ももちろん会場に持参していますので、お気に入りの食器で心豊かなティータイムを過ごして頂ければ嬉しいです。

本日も14時半より同様の内容での講座が開催されます。当日のお申し込みをご希望の方は、銀座三越 TEL 03(3535)7027 まで直接お問い合わせ下さい。

20120105-148.jpg

さて、本日のお写真はマスタークラス「紅茶活用術」でご紹介しているダージリン塩。ダージリンを碾いたものと、お塩を混ぜて作った自家製のお塩になります。

これがなかなか奥深い世界で。
ダージリンの茶葉の季節はもちろん茶園、そしてどこの国のお塩を使うか、どのくらいの粒子のお塩を選ぶか、割合はどの比率にするか・・・楽しい楽しいミキシング作業。1つ1つの要素で味がかなーり変わるのも面白く、またこれだという比率が見つかった時の喜びもあり 個人的にすっかりはまっています(笑)

ご飯やサラダはもとより、白身のお刺身につけたり、お豆腐にかけたり。ダージリン塩は我が家の食生活に欠かせないものにもなり・・・。あまりにも美味しいので(笑)、小袋で生徒様にもお分けすることに。ここ一週間でたーくさんお嫁に出しました。

ダージリン塩、興味のある方はぜひサロンで声をかけて下さいね。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
スポンサーサイト

英国からの楽しいグッズ

来月後半のマスタークラス「エリザベスII Diamond Jubilee」に向けて、英国より限定グッズが続々と到着しています。私のお気に入りは、ハロッズ社のジュビリーティー。缶がとても品があって、これは保存決定♪という感じ。今週には更にどどんと空輸便が来るので・・・楽しみ楽しみ。どんなティーテーブルを作ろうかな。

同梱されていたのはフォートナム&メイソンのヴィンテージグッズ。昔の紅茶缶、そしてスタッフ一同を唸らせたのが、トランプ 1957年当時のフォートナム&メイソンの本店がモチーフになっています。枚数も揃っていて嬉しい~♪ これから週末はトランプ三昧かな~。

しばらく神経衰弱や七並べくらいしかやっていなかったので、トランプのルール忘れています。学生時代はセブンブリッジにはまったなー。ルール思い出せるかしら(^^ゞ

20120105-138.jpg

そうそう、今週は銀座三越でのティーセミナーも始まります。
ティーバッグだって今はこんなに美味しいのよ~!!!をテーマに、1時間半 Cha Tea のこだわりの紅茶の世界を楽しんで頂く予定。生徒様でも充分楽しめる内容ですので、美味しい紅茶を飲みに是非ご参加下さい

ちなみに内容は・・・「英国のティーバッグ」「日本のティーバッグ」「正しい淹れ方」「本日楽しむ紅茶の産地紹介」「ティーバッグのテイスティング(5産地ほど)」「実習」「ティータイム」と言う流れになる予定。

ティータイムにはご自身で淹れたダージリン・ファーストフラッシュも飲んで頂きます♪ 今年の新茶をティーバッグで、なんてなんて贅沢!ほんの少しですがお土産付きです。

4月12日(木) 14:30~16:00 三越 1DayLesson 知って楽しむティーバッグ
4月13日(金) 14:30~16:00 三越 1DayLesson 知って楽しむティーバッグ
4月17日(火) 10:30~12:00 三越 1DayLesson 知って楽しむティーバッグ


よろしくお願いいたします。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

クリスタルガラスの輝き

キラキラ光るクリスタルガラスの「サンキャッチャー」、太陽の光を反射させて、綺麗な輝きを見せてくれるラッキーアイテム。我が家のサンキャッチャーはスワロフスキー社のものです。最近お天気が悪い日が続いたので、キラキラ を楽しむことができずにいたのですが、この日はまずまず。朝から癒されました。

と言ってもクリスタルガラスですので。夜でもそれなりには輝きます
たまえ先生は「夜の静かな輝きが好き」と。クリスタルのカット技術では他者に追随を許さないほど素晴らしい技術を持つスワロフスキー社。オーストリアのインスブルックにある美術館、いつか行ってみたいなー。

日暮里にお引っ越しした際に生徒様にお祝いに頂いた可愛いお花、ネックレス、ボールペン、サンキャッチー・・・気付けばスワロフスキーのお気に入りも増えてきました。嬉しいことですね。

20120105-077.jpg

好きなものにはついつい目がいってしまうので、レッスン時にスワロフスキー社のボールペンを持っている生徒様やアクセサリーをしている生徒様を見ると目がハートになってしまっています

マスタークラス「グラスの基本」、最近のマスタークラスにしては長丁場のレッスンになり、計80名の方と基本を楽しみました。大好きなガラスのこと、これから生徒様と共有できると思うととても嬉しいです。

とても楽しいレッスンでしたので、より多くの方と知識を共有できればと「3月17日(土) 16:00~18:00 第1 Master グラスの基本」最後の追加講座をいたします。推奨講座はありません。ご都合の合う方はぜひご参加ください。

さて本日は雪の予報・・・足下ご注意ください。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

美しいものを見る時間

和洋問わず「美しいもの」を見る時間がとても好きです。人の手が加わったものは、日用品であっても、芸術の域に達することがある。

第2サロンのイベントに参加して下さった生徒のHちゃん。ウィリアムモリスの作品が大好きで。モリスの壁紙の前で、「いつも本で見ている作品が目の前に」「何時間見ていても飽きない」と、本当に幸せそうな表情を。我が家の寝室のカーテンがモリスなのよとお話ししたら、「いいないいな 」瞳がキラキラ。泊まっていって・・・と言いたくなるくらいの純真さに、私も感動してしまいました。

20120105-044.jpg

東京ドームのテーブルウェアフェスティバル。
数少ないアウガルテン社のペインターの中で、更に選ばれた数名しか書くことが許されていない「インペリアルガーデン」、マリアテレジアの時代から受け継がれている技巧。その美しさに、しばし見惚れてしまいました。

そして、絵付けを学んでいる達人たちの描かれたオリジナル作品。ジノリのベッキオホワイトにこんなに優しい桜の風景が描かれるなんて・・・。新しい感動でした

20120105-045.jpg

ポーセラーツ協会の初老のマダムがこんなことをおっしゃっていました。

「何十年もかかって、やっとここまで描けるようになったけれど。まだまだ、まだまだ・・・」
「西洋のペインターは分業をするけれど、私たちは全て自分でするから時間がとてもかかるの」
「今の人は、すぐに結果を求めるから、お教室に来る生徒様も転写で満足という方が多いのよ」
「でも、100年先に残したい作品を作りたいと思っているの」

身の回りに1コインで購入できる多量生産品が増え続ける中。100年先まで残したいものにどれだけ出逢えるか。人の心、人の技が詰まっている食器で楽しむ「食」の時間は心に豊かさを与えてくれます。縁があって我が家にやってきた先人たちから受け継いだ様々なお品がより愛おしくなるマダムの言葉でした。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

本から感じる小さな気遣い

素敵なお宅に行くと、必ずと言って良いほど目につくのが、リビングにある本や雑誌
インテリアの本だったり、旅行の本だったり、今話題の本だったり。机の上に並べられていたり、ソファの上に置かれていたり、目立つラックに立てかけられていたり。

自分が興味のある分野の本が並べられていると、自然に目が行き・・・「この本読みたかったんです」「この本私も持っています」会話の糸口になります。

201101104-059.jpg

紅茶をいれて頂いている間、不意の電話にホステスが対応している間・・・ゲストは自分の興味のある本に手を伸ばし、ぱらぱらとページをめくる。好みの本でなければやや苦痛の時間ですが、もし興味のある内容だったら。待つ時間も楽しく・・・ホステスの用事が済んだ時点で、本の内容についてまた新たな話題が膨らむ。

さりげなく置かれているようで、訪れるゲストの顔を思い浮かべながら本を並べている方も。
もてなす側のちょっとした気遣いがさりげなく置かれた本に現れていること・・・素敵だなと感じます。「感即動」感動したことはすぐに実践♪我が家のソファには今3冊の本が置かれています。

201101104-058.jpg

11月にはまって何度もリピートしたスティーブン・ジョブズの伝記、お世話になっているお菓子研究家の猫井さんの著書「お菓子ノート」、そして英国の家の本。それぞれのゲストがどんな本に興味を持って下さるのか・・・手にする本をそっと観察するのも楽しい。もちろん、ティータイムには本の内容で盛り上がることも

あまりにも哲学的な本や、やや暗めの本は意図的な置かないようにしていますが、ベストセラーの本は話題にもなるので時々。目に入るもので会話をすること、テーブルの上から会話を紡ぐこと・・・、人の家に行く度に学ぶことのなんと多いことか。

12月はお気に入りのクリスマスの本を飾ろうかな

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

英国の家集合中

1月のマスタークラス「British House」に向け、一軒、二軒、三軒、四軒・・・サロンにリリパットレーン社の英国のお家が集合中です。どのお家もそれぞれ特徴があり可愛い。

英国の家を建ててから、大きく変化したのが、町歩き。
それまでは英国を旅していても「この街並落ち着くな」「こんな雰囲気が好き」「煉瓦の家が良いな-」なんて漠然として感想だったのですが、家を建てたことをきっかけに、パーツパーツの名称を知ったり、様式に合わせたアイテムなどに少し詳しくなったことで、ポイントを踏まえて様々な家を見れるようになり・・・結果お散歩が本当に楽しくなりました

気に入ったお家の写真を見ると「ああ、あの時、あの町で取ったお家だ」と思い出も甦ります。

201101104-051.jpg

もちろん旅だけでなく、映画やテレビの中、小説の記述でも、家の外観に触れるシーンがあると、「ああ、こんな家だろう」と想像がつくようになったのも大きいところ。
家の外観から暮らしている方のこだわりや、その家の中で繰り広げられているティータイムの風景を想像するのもとても楽しい。

さて、こちらの講座。サロンを建築して下さったコッツワールドの小尾社長が、頼もしいサポーターになってくれることになりました。「英国の家 のことならば何でも聞いて下さいね」とのお言葉に甘え・・・今月中にコッツさんの事務所でたーくさんのフィギュアと共にマニアックなお家談義をしてくることに。有り難いことです。

さて、今日は水曜日からスタートするマスタークラス「クリスマスのテーブルウェア」に合わせて。サロンの一部を模様替え。ジアン、スポード、ビレロイ&ボッホ、ウェッジウッド・・・クリスマスの器が大集合しています。飾って使って、楽しい一時を演出できれば嬉しいです。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

日本橋三越 英国展

★お教室からのお知らせ★
今日から芸工展がスタートします。12日までの3日間11時~18時まで Open Doorをしています。美味しい紅茶を入れながらお待ちしていますね。
本日10日(祝)14時~15時半の間は2階でファーストレッスンが開催されていますので、やや慌ただしくなります。ご了承下さい。


週末のサロンでの話題は、日本橋三越で17日まで開催されている「英国展」と、新宿高島屋さんで開催されているいまだ先生の展示会について。
さすがに連休中はすごい人混みだったようですね。 英国展ではなかなかお会計の順番が来なくて・・・なんておっしゃる生徒様も。

201100825-087.jpg

私もお目当ての品物をいくつかゲット 缶マニアなので、限定品や可愛い缶はどうしても欲しくなってしまいます。スタッフももちろん英国好きなので。それぞれの戦利品を報告しあうのも楽しみの1つです。生徒様もきっとお気に入りのお品をお嫁入りさせたのでしょうね。

英国展ではクロテッドクリームも調達してきて。サロンでは、空いた時間を使ってスコーンの試食が続いています。昨年のオープニングティーパーティーなどでお出ししたお教室の定番レシピは今でも大のお気に入りなのですが、せっかくなので、また異なるタイプのスコーンも召し上がっていただけたらな・・・とりつえ先生と試行錯誤。

201100825-086.jpg

この日はバターを多めに使ったり、お粉を変えたりしたちょっとリッチ味のスコーン3種類を試食。田舎のティールーでいただくお味と言うよりは、ホテルメイドのスコーンに近いお味です。

2つにぱかっと割れる「オオカミの口」のスコーンは定番ですが、今回は生地をあえて寝かせてお口の開かないタイプのスコーンにしてもらいました。美味しい~♪ 今月後半のマスタークラス「クリームティー」では異なるタイプのスコーンを数種類食べていただければなと思っています。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

お月見に向けて・・・良い夢を♪

お月見が近づいているため、最近月餅の頂き物が多いです♪お月見にお団子を食べる日本人、月餅を食べる中国人、それぞれの文化、面白いですよね。

先日は、生徒様が職場のシャングリラホテルの月餅を差し入れして下さいました。贅沢にもネパールのお茶が使われている月餅。ダージリンのファーストフラッシュと一緒に楽しみました。お茶の香りがふわーっと広がり、みんなで拍手でした。これはなかなか!Mちゃんご馳走様でした。試験が終わったらまたお待ちしていますね。

201100825-028.jpg

階下でレッスンが行われている間、私は3階のお掃除に勤しんでいました。週に5日朝から晩までサロンがあるため、例えプライベート部分と言っても掃除機などを思い切りかけられるのは休日だけ。この日はたまたまサロンが1階だけのレッスンでしたので。スタッフにお任せして、細かいところのお掃除を。寝室が綺麗になるととても Happy な気分になります。

ベッド周りにもお気に入りがたくさんあります。ベッドカバーはアンティーク・リネンです。中心部分には天使 のモチーフのレースが。こちらのアンティークとの出逢いから、シーツ・枕カバー・布団カバーも思い切ってリネンに切り替えました。サラサラしていて、とても良い寝心地

201100825-027.jpg

窓辺には Harrods のベア。クッションはカーテンと同柄のウィリアムモリスの生地。カーテン屋さんからのサプライズ・プレゼントでした ベッドの上にはベッドトレイ、下にクッションがついていて、ベッドの中で本を読んだりお茶を飲んだりする時重宝しています。

アンティークのティーキャディーボックスの中にはマスク が入っています。声が命の職業なので、寝る時は365日マスクを欠かしていません。毎晩、この箱からマスクを取り出すのが楽しみです。

寝室には写真のキャビネットの他にテレビ台も兼ねて、小さなキャビネットがもう一つ置いてあるのですが。その中には夫のお気に入りのミントンのカップが飾られています。ベッドで本を読みながらチラッと見えるミントン・・・空気も入れ換えてすっきりしたので、今夜は良い夢が見られそうです。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

憧れのウィリアム・モリス

ウィリアム・モリスが、「MORRIS & Co.」の前身、「モリス・マーシャル・フォークナー商会」を1861年に設立してから、150年周年に当たる今年はイギリスをはじめ世界中でウィリアム・モリスにちなんだイベントが開催されています。モリスのインテリアに憧れていた私にとってはとても幸せな1年です。

初めて手にしたモリスは、紅茶缶でした。嬉しくって、紅茶缶欲しさにいくつもギフト用の紅茶セットを購入したな-。次に手にしたのはティーカップ。たった1客ですが、1人のティータイムの時にはいつも癒されていました。もちろんお揃いのケーキ皿も今でも大切に使用しています。

日本橋サロンをオープンさせた時には念願のカーテンにチャレンジ。毎日目にする空間に大好きなモリスのカーテン。日が入る朝、日が沈む夜・・・毎日見ていても幸せな気分でした。

そして日暮里サロンオープンに合わせて、新調した壁紙。残念ながら生徒様には内緒の?!事務所、そして在庫置き場となっている倉庫の中。事務所は、スタッフが泊まっていけるようにロフトベッドも作ってもらっているのですが、モリスのウィローの壁紙でとても落ち着く空間になっています。

201100825-019.jpg

昨日は会期ギリギリ、スタッフの美恵ちゃんと高島屋さんで開催されていた「きらめくビーズの世界展 ~ビーズが織りなす英国の香り」に行ってきました。タイトルだけでもそそられますね♪ 前日に足を運んだえりちゃんから「素晴らしい展示で思った以上に長居してしまった」なんてメールをもらっていたので・・・行く前からウキウキでしたが、英国好き、モリス好きにはたまらない内容でした。

Cha Tea のマスタークラスの常連さん、Kちゃんの作品も展示されていて・・・感激しました モチーフのザクロ柄の刺繍もまさに英国。Kちゃん、素敵なご招待ありがとうございました。

次にチャレンジしたいモリスは、ベッドカバー。今は寝室に移動している大切なモリスのカーテンに合わせて。素敵なベッドルームを作れたら良いな~。150周年の記念サイトも公開されていますので、ぜひモリスの世界に浸ってみて下さい。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

私とっての美味しい紅茶

皆さんにとって美味しい紅茶とは、どんな紅茶ですか?
私にとっては、美味しい紅茶とは、紅茶そのものの味だけでなく、使用するティーカップ、目に見える風景、楽しむ会話・・・全てを総合して「美味しい」と感じることが最高の贅沢となっています。

自宅でのティータイムはもちろん大好き。自宅は私にとって生活環境ですので自宅の環境は「標準」のレベル。ただそこに、季節を意識してお花を飾ったり、壁に掛ける絵を変えたりすることで・・・「おっ、今日はいつもより素敵 」「このディスプレイは花丸 」インテリアに手を加えることで、満足度がランクアップすることも。

そしてお招きしたお客様との会話、その場にぴったりのティーカップ、ベストペアリングのスイーツなどがそろうと・・・自宅でも「あー、幸せ」と自分でも感動できるティータイムが過ごせることも。

たまにホテルなどで、あれこれ世話を焼いてもらうティータイムで癒されることもありますが、基本は「生活しているインテリア」が好き。建物の内装が立派なだけでなく、そこにいる人の空間への愛情が感じられる場所が大好きなのです。

20110508-176.jpg

そういう意味では、この上ない最高のティータイムを先日体験してきました。場所は箱根。芦ノ湖を一望できる最高のシチュエーションに建っているT様の別荘です。

以前セミナーなどでお世話になった英国家具麻布武市のお客様であるT様。武市のインテリアコーディネーターS様の淹れてくれた紅茶の美味しさに感激・・・S様がCha Teaで紅茶を学んだと知り数年前からお教室に興味を持っていて下さったとか。嬉しいですね。

箱根に別荘を建て、おもてなしの機会も増えそうなので・・・と、昨年の秋、ご友人と一緒にファーストレッスンにお申し込み下さった際、更なる偶然を発見されたとか。なんとT様の箱根の別荘は、サロンと同じ設計事務所コッツワールドで建築されていたのです。
武市、そしてコッツワールド・・・なんてご縁なのでしょう!!!!!

お通い頂くうちに、カーテンも同じ方にコーディネートしてもらったことも判明。カーテン屋さんの施工レポートで拝見し、素敵素敵と憧れていたT様の箱根ハウス。

この度「コッツワールドファミリー」としてお招きを受けてきました~。どんな素晴らしいティータイムを過ごしたかはまた明日・・・!!!

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
sidetitleプロフィールsidetitle

碧@Cha Tea

Author:碧@Cha Tea
紅茶教室 
Cha Tea紅茶教室

監修本 
紅茶のすべてがわかる事典

※当ブログ内のすべての画像の無断転用はお断りいたします

sidetitle夢を叶えるための名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。