スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾に行ってきます♪

ベーシッククラス「ティーパーティーの開き方」、クロスを敷いてティーセッティングも楽しんでいただいています。そんなレッスンの後のティータイムは・・・ちょっとよそゆき気分
そのままのテーブルでスタッフもお茶を楽しみます。赤いチェックのクロスに合わせて・・・たまえ先生がティーカップを選んでくれました

どの子も可愛らしいお花柄。たまたまですが・・・全てヴィンテージもののカップたちが勢揃い。1930年代~1950年代位に製造されたカップ達。アメリカ、カナダ、イギリス、様々な国からご縁があってお嫁に来た子供たちです

今と違って著作権などが厳しくない時代、どちらの窯がどちらの窯を模倣したのか・・・ビックリするくらい似ている模様のカップもいます ほんの少しのシェイプの違い、色味の違い、間違い探しみたいで面白かったり。

081029-02.jpg

さて、かねてからのお知らせ通り。本日より11月5日まで台湾製茶研修のため、サロンはお休みを頂きます。スタッフ8名での旅の様子は、現地よりこちらのブログでお伝えしたいなと思っています。

留守中ですが「メール対応は72時間以内のご返信」「電話対応はお休み」になります。ご協力よろしくお願いいたします。

次のブログは台湾よりお届けしますね。晴天が続くことを祈って!
スポンサーサイト

ジアンの魅力

昨日「気になっている」と書いたジアンの食器たち。
私にとっては「アート」にも思える器です。お皿がまるでキャンバスのよう。絵皿としても鑑賞できる作品です。スクエアのお皿も、さすがおしゃれなフランスならではの感覚

081028-01.jpg

左は「アリス」、右は「オアゾ・ブルー」、オアゾ・ブルーは先日テレビで放送されたショコラティエの土屋氏の食卓にも登場していました。気になっている食器だったので、すぐに気付いてしまい、録画した映像を再確認・・・ビンゴ!お食事が盛りつけられた姿もとても素敵でした

「どんなふうに盛りつけようかな」「どんな食べ物をのせようかな」
そんなワクワク感は、ヘレンドの食器を楽しむ感覚に似ているようで・・・手に入れる前なのに、ワクワク、ドキドキ少し贅沢な普段使いの食器」そんなコンセプトで1柄決断したいと思います。

「クレマチウス」はとても大人テイストの食器。真ん中の「ヴィラメディチ」は元気が出そうな感じ。右の「ジャルダン・イマージュ」は空想の動物たちの行進。遊び心一杯の器。

ああ・・・決められない、迷います~ 皆様の好みはどの子かしら?イベント当日に向けて、会場のギャラリーには230点ものアイテムが陳列されるとのこと。ファンにはたまらない空間になりそうです。お写真もたくさん撮らせていただきましょうね。

参加者の方には、ギャラリーの地図を送付いたしす。ジアン社からの素敵な絵はがきも同封してありますので、当日までワクワクしてお待ち下さいね。

お気に入りの陶器

素朴なお菓子を楽しみたいな・・・と思う時、我が家にはそう言ったタイプの食器が少ないな・・・と思います。比べると、土ものの温かみのある「陶器」より、すっきりしていて白い「磁器」をついつい選んでしまい、食事用の食器も気づけば磁器がほとんど。
先日食器棚の整理をして、こだわりのない食器を処分したら、その傾向はますます。

決して陶器が嫌いなのではありません。
ただ今まで陶器について学んだり、じっくりと見たりする機会が磁器に比べると少なく、お気に入りの「陶器」がまだ見つかっていないのです

年と共に、衝動買いが少なくなり。お皿一枚でも、自分なりに気に入ったものを・・・という器の買い方が定着してきたため、まずはお気に入りの陶器メーカー、そのメーカーの中の好きな柄を見つけたいな・・・最近よく思うようになりました。

秋になり、お芋やカボチャ、栗を使った素朴なお菓子が増えてきたり、ミルクティーを楽しむ機会が多くなったからかしら

081027-03.jpg

スポード、ジアン、バーレー・・・洋食器にも陶器のメーカーがいくつもあります。夏に英国の陶磁器の里を旅した際も、とても可愛い子達に出会いました。でも、ゆーっくり鑑賞する時間がないと、知識のある「磁器」に手が伸びてしまうんですよね 短い旅行で新境地を開拓するには至らず。。。

色々な窯のパンフレットを集めてきて、「この子がお嫁に来たら」と妄想をするのもティータイム中の楽しみ。今狙っているのはジアン社の陶器。11月のイベントがとても楽しみ。マフィンをのせた時に「ぴったり」と思える出会いがあると良いな。

楽しみにしていた「ブーリン家の姉妹」見てきました。原作の本もとても良かったのですが、映画ではまたストーリーもアレンジされ・・・2つのブーリン家の姉妹に触れた気分 パンフレットのロケ地のページ、夫が真剣に見ていました。ミントンの代表作ハドンホールのモチーフになったタペストリーのあるハドンホール城も登場していました。俄然やる気になった夫。来年の英国旅行に期待です

12月のスケジュール

「ブルー」の気分が続いている今日この頃。
ロイヤルコペンハーゲン社の「プリンセスブルー」でティータイム。とてもシンプルなこちらのシリーズ。ロイヤルコペンハーゲンの食器の中で、実は一番好きなシリーズです

081027-01.jpg

素地の青みが独特のロイヤルコペンハーゲン社。来月のマスタークラスでもテーマにあげています。

そして、12月のレッスン予約も予定通り開始いたしました。
これまた取り上げたかったテーマ、「イヤープレート」の講座をお届けします。ロイヤルコペンハーゲン社のイヤープレート。一度は目にしたことのある方が多いのでは?1枚1枚のプレートに込められた意味・・・想い。平和や世界への大きな愛を感じると・・・自然に厳かな気持ちに

そして2008年最後の講座は、これまた魅力ある紅茶ブランド、フランスの「マリアージュフレール」をテーマにあげました。フランス紅茶の歴史、マリアージュフレールのこだわり・・・知れば知るほど魅力が増す気がします

081027-02.jpg

12月はクリスマス月間、英国のクリスマス菓子も一緒に楽しみましょう。
今年は「ハロッズ」社の大きなクリスマスプティングをご用意しています。夏の旅行の際に買い付けて、ロンドンから持ち帰ったのですが、総重量7キロ近く さすがに重くて・・・成田空港からサロンに郵送 スタッフが呆れていました(^^;)

前半はブルー&ホワイトの幻想的なクリスマスを、後半は定番のクリスマスカラーを。2つのクリスマスらしいティーテーブルも楽しんでいただければと思います。ウェッジウッド社、スポード社の可愛らしいクリスマス用のティーセットなど、期間限定の器もぜひ楽しんで下さいね♪

労働後のハイティー

週末のレッスン後・・・スタッフと遅ればせの夕食を兼ねたティータイム。マフィナリーズのマフィン。レッスンでは、スイートマフィンを楽しんでいただきましたが、私たちはお食事マフィンを楽しみました。サーモンや、チーズを使った珍しいメニュー。

英国では、軽食を兼ねた夜のお茶のことを「ハイティー」と呼びます。貴族階級から発祥した優雅なアフタヌーンティーに対し、ハイティーはまさにヴィクトリア時代労働者階級が始めた習慣。労働後に楽しむお茶。

仕事の後のティータイム。陶器のティーセットでテーブルを作ってみました。素朴な土の温かみを感じる陶器・・・マフィンのイメージにピッタリ 一緒に頂いたショートブレットは認定校の先生の手作り。「美味しい」幸せ気分で頂きました。スコーンやショートブレッド・・・英国を代表とするティーメニューは驚くほどミルクティーとの相性が良く・・・自然に笑顔がこぼれてしまいます

そして・・・テーブルの上のミルクティー(笑) この日出勤していたスタッフも興味津々、2つのミルクティーを検証していましたよ。

081025-02.jpg

この週末もたくさんの方がファーストレッスンにいらして下さいました。

「紅茶ってこんなに美味しかったんですね
「食べ合わせについて考えたのは初めて」皆様目がキラキラ。

ウバを苦手とおっしゃった生徒様。チョコレートを一口頂いた後、ウバを飲んで・・・「不思議!口の中がさっぱりして、紅茶の渋みも気にならなくなってしまいました」感激して下さいました。

「1年前からブログをのぞいていて。ずっと来たかったんですけれど、なかなか腰が重くて。やっと勇気を出してきました」そんな風におっしゃって下さった方も。
ありがとうございます。 11月よりベーシッククラスでよろしくお願いいたします。

新しいミルクティーの世界

レッスンの後・・・残ったミルクで2種類のミルクティーを飲み比べ。1つは、「無殺菌牛乳」そしてもう1つは「低温殺菌牛乳」。後者はサロンではお馴染みの牛乳。どちらも、日本の牛乳シェア率のうち1割以下の牛乳。どこのスーパーにでも置いてあるお品ではありません。

081024-01.jpg

私やスタッフのこだわりから、Cha Tea 紅茶教室では紅茶に合わせる牛乳は「紅茶の香りを引き立たせる」低温殺菌牛乳をお出ししています。そしてこの度、マスタークラスを通して・・・無殺菌牛乳の世界を知り・・・更に上のこだわりに感激をしています。

理科の実験 レッスン後の時間を使い、スタッフと一緒に2つのミルクティーを検証。

あくまでも自然な生乳の香りである無殺菌と比べてしまうと、低温殺菌牛乳は、加熱時に生じるたんぱく質が変性した独特の「香り(クッキングフレーバー)」を僅かながらも感じます 同じ紅茶を注いだ時の水色の違いも。左が「低温殺菌」、右が「無殺菌」、無殺菌の方が「紅茶」そのままの水色が強く出ています。

081024-02.jpg

「違うね~」「ほんとうに」しみじみと。美味しいミルクティーについて色々考えしまいました。

「紅茶」「お水」「牛乳」シンプルな飲み物だからこそ、1つ1つの素材により、お味もグンと変わってしまう。シンプルなのに、まだまだ知らないことがたくさん。マスタークラスの講座は私にとっても新しい知識を吸収する原動力です。

もちろん「良いもの」を知ったからといって、全てをいっきに変えることは難しい。でも知ることで、これから少しずつ取り入れていくことは出来ますよね。新たなミルクティーの美味しさに開眼した2008年の秋です

思いがけないイレブンジス

夜のみのレッスンだったある日。朝起きてパソコンを立ち上げたら、スタッフのえりちゃんから「本日は午後からですが何時集合ですか?」のメールが。
あれれ・・・昨晩、集合時間は午後ですのメールしたはずなのですが、届いていない?大慌てで電話をしたところ、9時にサロンに着くように家を出て、「今、末広町です~」と。きゃぁ~

嫌な予感的中・・・携帯に送ったメールが届いていないとのこと

午前中の予定で自宅に業者さん来る予定だったため、外にも出られず。。。
「そのままUターン、浅草経由で我が家に来て」・・・と言うことで(笑)、急遽えりちゃんお招きすることに。サロンに着く前に捕まえられて良かった!

実は電話した時、私、まだ寝間着(笑) こちらも慌てて顔を洗い、着替えをして・・・きゃぁ~、お部屋も片付けなくては(^_^;) テーブルの上のよけいな物をささっとよけて。玄関、洗面所、トイレのチェックをして。

でもそこはサロンのスタッフ。
我が家に到着するなり「掃除機から掛けましょうか」と(笑)

081022-05.jpg

私にとっても午前中から自宅にいられる日は数少ないため、お言葉に甘えて・・・掃除機がけをしてもらっちゃいました(笑) どこをあけられても良いように・・・日頃から整理整頓しておくと。こんな時も「お願い」と甘えられますね。

お掃除の後は、もちろんティータイム お茶の準備をしている間に、キャビネットからえりちゃんの好きな食器を出してもらいました。えりちゃんらしいラブリーなセレクション。

クッキーと焼き菓子で、11時のお茶、イレブンジス。サロンではなかなかできないプライベートなお喋りも交え、お茶の時間を満喫しました(^-^)
13時前に無事業者さんもいらして、2人で我が家から出勤。思いがけないイレブンジス・・・日頃から家を綺麗にしておくことの大切さ・・・痛感したティータイムにもなりました

特別牛乳 想いやり牛乳

人形町のシュークリーさん。名物のシュークリーム。家でもサロンでも大人気 しっかりとしたシュー生地と、ごまの香ばしさ・・・甘いクリーム。バランスがとても良く、素直に「美味しい」笑顔になってしまいます。本日のレッスンでも皆さんに楽しんでいただきました。

081022-02.jpg


マスタークラス「世界のミルクティー」、とても楽しくレッスンさせていただいています。講座の中では、6種類のミルクティーのテイスティング、そして2種類のアレンジティーの試飲、「特別牛乳」というスペシャルな牛乳でのティータイム・・・まさにミルクティー三昧しています

特別牛乳・・・全国で数カ所のみ認定されているのですが、今回の講座ではその中でも唯一「無殺菌販売」を認められている「想いやりファーム」の牛乳をご紹介。

081022-01.jpg

1本1000円と確かに毎日飲める価格ではないのですが・・・「本当の牛乳ってこんな味だったんだ」良い意味でカルチャーショックなお味。生まれたての赤ちゃんの臭い、優しい優しい香り、そしてサラリとした飲み口。紅茶に入れられる前に皆さん牛乳だけを味見して「美味しい」としみじみ。

牛の背中に天使の羽が生えた可愛いパッケージ。天使のように大切にされている幸せな牛さんたち。作り手のこだわりを感じていただくミルクティーのお味はまた格別。週末参加される皆様も楽しみにしていて下さいね(^-^) たーくさんご用意していますので、お腹いっぱい楽しんでください~

プチ模様替え

レッスンの合間にプチ・ディスプレイ替え。小さなサロンですが、生徒さんが訪れる度に「どこかが違う」そんな楽しみを見つけて欲しい、私やスタッフの小さなこだわりで、月に二度ほど模様替えを心がけています。

キャビネットの上に「陶器」を飾ってみました。 ブルー&ホワイト・・・イギリスのスポード、チェルシー、そしてフランスのジアンの作品たち。
ちょっとしたことでサロンの雰囲気がグンと変わり夜レッスンにいらして生徒さんたちも「わぁ、模様替えですね」と。 気付いてもらえて嬉しい

081021-01.jpg

11月1日の紅茶の日に向けて・・・ラジオの収録の取材がありました。
紅茶好きの女優さんがパーソナリティーを務めている番組とのことでしたが、頂いた質問も「あっ、普段から楽しまれているんだな」と言うものが多く・・・嬉しい。放送当日は、台湾への製茶研修中で残念ながら日本にいないのですが、収録した内容は後日CDで頂けるとのこと。どんな風に編集されるのか楽しみです。

紅茶関連のイベントもたくさんの11月。この月をきっかけに、紅茶好きの方が増えると嬉しいな

081021-02.jpg

大活用しているトラベルティーサーバー。実は最近「お茶の出が悪いかも」と思うことが続いていました。
私が使っているサーバーは、すでに4年もの。そろそろ寿命??でも、ついこの間までは何も問題がなかったのに・・・。茶こしの目が詰まったかな、メンテナンスをしてみてもイマイチ効果が見られず。サロンでスタッフに相談してみたら。

涼しくなって、冷蔵庫の室内温度が下がっているからですよ

すぐに回答がもらえました!なるほどー
言われてみれば。常温で少し放置してから冷蔵庫に入れれば問題ないと教えてもらい、その通りにしたら。香り豊かな水出し紅茶に出逢えました

もし同じように「最近出が悪いかも」と思われた方は、ぜひお試し下さい(^-^)

秋の味覚

数年利用していたシーサーブログ・・・最近トラブルが多く、又ブログの容量がかなり厳しくなってきたことから、お引っ越ししました(^-^) 残念ながら・・・今までのブログのお引っ越しは難しいとのこと
心機一転することにします。過去のブログは過去記事としてシーサー上に残っているので、ぜひのぞいて下さいね。

使い慣れるまで四苦八苦しそうですが、スタッフも利用している会社なので、色々勉強したいと思います

081021-03.jpg


ハロウィンが近づき・・・サロンにもほんの少しですが、ハロウィンカラーを演出していますが、自宅には季節を感じる小物が少ないのが寂しい感じ日々の暮らしを豊かにするために・・・来年は自宅にも季節感を上手に演出したいなと思います。

そんな気持ちでいたら・・・小倉からのサプライズ!!秋の味覚のプレゼント 美味しい美味しい栗のパウンドケーキが届きました

山口県宇部の認定校を主宰してくださっている敦子先生から、外部セミナーを通じて「紅茶の魅力を分かち合える素敵な出逢いがありました!」そんな報告を頂いたのが春。

081021-04.jpg


小倉でお料理・お菓子のお教室、そしてティールームを運営されているsalon de the L'Alliance の環先生。小倉から宇部まで足を運んでいただき、更には、先日環先生のティールームでも紅茶教室を開かせていただくことに。

「参加して下さった方がとても喜んでくださり、良いご縁を頂きありがとうございました」と、本校の方にまでお礼のお手紙が。「茶縁」に感謝しつつ、美味しく頂きました。環先生、ありがとうございます。
sidetitleプロフィールsidetitle

碧@Cha Tea

Author:碧@Cha Tea
紅茶教室 
Cha Tea紅茶教室

監修本 
紅茶のすべてがわかる事典

※当ブログ内のすべての画像の無断転用はお断りいたします

sidetitle夢を叶えるための名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。