スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒さん同士のご対面!

Yangさんとの再会はあるホテルでの待ち合わせからスタート。実は、サロンの生徒さんが台北のホテルで紅茶のプロデュースをしているのです。
日本未進出のシンガポール初のブランドTWG(サイト音が鳴りますよ)、台湾では初のお取り扱い店とのこと。

091030-01.jpg


喫茶でお出ししているアレンジティーは、嬉しいことにCha Teaが監修した「紅茶のすべてがわかる辞典」から応用してくださったそうです。

紅茶のすべてがわかる事典紅茶のすべてがわかる事典
(2008/12/02)
Cha Tea 紅茶教室

商品詳細を見る

そんなお話しをお聞きしてしまったら・・・これはぜひとも伺わなくてはでしょびっくり日本と台北を行き来してお仕事をされている生徒様。私たちの台北の滞在と、お仕事でいらっしゃっている時期が重なり、台北のお仕事場で再会できるかも・・・と。急にお話が盛り上がり、わぁー、楽しみ。

091030-02.jpg


Yangさんもこちらのブランドには興味津々、チェック済みだったとのことでご一緒してもらいました。台湾でCha Tea の生徒さん同士の交流が深まったこと、感動キラリでした!!

生徒さんがお仕事で関わられているベーカリーショップでのお買い物、プロデュースをされたスイーツをご馳走していただき、一緒にたっぷりのTWGのブレンドティーを堪能し・・・幸せ~。
さて、出だしから盛り上がっていますが、この後は予定通りYangさんのお教室へ移動です。
スポンサーサイト

紅茶仲間との再会

☆お教室からのお知らせ☆
11月4日まで台湾製茶研修のためサロンはお休みを頂いています。この間のお申し込みはインターネット経由のみで受付いたします。よろしくお願いいたします。

台湾で楽しみなものがもう1つ。それは紅茶仲間との再会です。
頼もしい紅茶仲間であり、サロンで勉強も続けてくれているYangさん、今年もお会いできることになりました。今頃、Yangさんの素晴らしいお教室で大興奮の悲鳴を上げていることでしょうキラリ

20091028-03.jpg


こちらは今までお邪魔した際のお写真。高島屋の中にあるティールーム。画の壁画が素晴らしく・・・感動しました。スポード台湾正規代理店も営んでいたYangさんの会社。昨年のスポード破綻、そして今年の再生でどんな影響を受けられたのか・・・聞きたいことも沢山。

20091028-04.jpg


本社のある別荘地の紅茶ミュージアム。まだシークレットの場所ですが、いずれは公開も考えているよう。ロンドンのミュージアムも顔負けの紅茶に関するアンティークのお品がこれでもかと並んでいます。感動と興奮でカメラが手放せない私たち。どこを撮っても絵になる・・・素晴らしい別荘です王冠

20091028-05.jpg


経営される4店舗、それぞれ微妙にテイストが違うので・・・飽きることがありません。今年はYangさんの紅茶教室がスタートしたレッスンルームも見せていただけそうです。
パンフレットを見るだけで行きたくなりそうなYangさんの紅茶教室。レッスンのお手伝いが出来たことは私やスタッフにとってもとても嬉しい経験でした。

明日のブログではきっと素晴らしい報告が出来ることでしょう。

台湾の家族

☆お教室からのお知らせ☆
10月29日~11月4日まで台湾製茶研修のためサロンはお休みを頂いています。この間のお申し込みはメールのみで受付いたします。よろしくお願いいたします。

年に一度の定期行事、台湾製茶研修がスタートします。私は10度目??それ以上??の台湾。たまえ先生も5回目??すっかりメンバーも定着してきました。
私一人で参加するところからスタートした製茶研修。年を重ねるごとに仲間が増えて。

20091028-01.jpg


今年は男性3名を含む総勢9名での出発です。賑やかだ8分音符-x2Beamed*Tanpopo(色付-暗い背景用) †SbWebs†

台湾には楽しみなものがたくさん。その1つがやはりお茶畑。そして茶農家を営んでいる台湾の家族の笑顔。みんな元気かな~、気分はすっかり里帰りです。
毎年茶摘みのスピードがアップする私たちに、いつもいつも最高のお茶畑を用意して待っていてくれる茶師たち。有り難い限りです。

20091028-02.jpg


茶園で飲むお茶は最高です。いつもお世話になっている農家は2軒とも、とても優秀な農家さんで。品評会でも毎年賞を頂いています。日本でも茶師の作ったお茶が販売されているのを目にすることも。正直私にはとても手が届かない値段だったりするのですが 笑・・・農家に滞在中は飲み放題!?

時々テイスティングのテストをされることもあり油断は出来ないのですが、美味しいお茶でとにかくリラックス。今年はどんなお茶に出逢えるかな?

ダークなティータイム

甘い甘いケーキが大好き。濃厚でちょっときついかも・・・くらいのスイーツには目がくらんでしまいます。先日のイベント「英国菓子の由来物語」の帰りにも。そんなスイーツをお持ち帰り。深夜だというのに・・・夫を誘ってティータイムしてしまいましたコーヒー&ハート

091027-01.jpg

リヨンさん特製のオペラ。こちらは甘さはやや控えめ、コーヒーの香りがとても豊かで大人なお味。バタークリームの上品なこと。バタークリームが苦手な方でもリヨンさんのバタークリームは食べられる・・・何で言って下さることも色付きアスタリスク-5sReg*PeachPink(白-薄い背景用) †SbWebs†

シンプルで美しいオペラに合わせ、ロイヤルドルトンのアールデコ期のティートリオ合わせてみました。猫井さんではありませんが、カット面もとても綺麗キラリ 断面も拝みつつのティータイム。

091027-02.jpg


もう1つは私の中の定番とも言えるフラム。濃厚なショコラムースでクレームブリュレが包まれています。口に入れた途端に「甘いびっくり」と叫びたくなるくらい甘い(笑) それが良いのです~。もちろんお茶はミルクティーでないと辛い感じ笑

こちらは夫好みのミントンのティーセットで。チョコレート系のスイーツに、ダークな器・・・我が家の定番かも。深夜1時のティータイムと言うことを忘れればな時間。今度はもっと安全な時間 太陽 に頂くことにしましょう。

12月のレッスン予約開始です

欠品していた50gの紅茶缶。リニューアルして登場です。3色展開、とーっても可愛いです。サロンでは白にスリランカ産の茶葉、黒に中国産の茶葉、赤にインド産の茶葉をいれて使用し始めました。蓋の開け閉めも楽ちんですので、ぜひご利用下さいheart03

20091023-06.jpg


さて、予定通り本日より12月のレッスンのお申し込みを開始します。今年度の営業は12月24日まで、年明けは1月7日よりレッスンスタート予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

マスタークラス前半は「エリサベス朝のクリスマス」、まだ紅茶が紹介されていないエリザベス一世の時代、建物の様式もとても独特。素朴な雰囲気ですよね。

20091024-05.jpg


この時代南米などから、様々な産物がイギリスに紹介され、女王の食卓はとても華やいだと言います。エリザベス一世の愛したスパイス「ジンジャー」をテーマに、エリサベス朝のクリスマスを満喫しましょう薔薇

家庭で手作りできる生姜と紅茶を使った特製のアレンジティー。サロンで試作が重ねられていますが、美味しくて美味しくて・・・ちょっと感動しています。クリスマス当日の乾杯のドリンクにぜひ作っていただきたいな。

20091024-06.jpg


そして後半は「名探偵と紅茶」、ホームズ、ポアロ、マープル・・・イギリスを代表する名探偵たち。数々の名作の中から、イギリスの独特のクリスマス風景、そして紅茶の習慣をご紹介。

ミステリーのストーリーはもちろん、ヴィクトリア時代の手の込んだインテリアの描写も楽しみの1つ。日本の名探偵も合わせて、冬休みぜひ読んで&見ていただきたいCha Teaお勧めの作品を一気にご紹介しますね。

お疲れ様のティータイム

★お教室からのお知らせ★
12月のレッスンのご予約は明日火曜日からになります。チケットが切れている方でレッスンを希望される方は本日15時までにチケット購入のお手続きをお済ませ下さい。

またご予約時48時間以内にご返信がない場合、送信したメールがこちらに届いていない可能性が高くなります。特に携帯メールをご使用の方は、「.com」からのメール着信を許可設定にしていないと、送受信が正常に完了しないことがあります。ご注意下さい。

20091024-01.jpg


イベント当日は裏方に徹してくれたスタッフ。残念ながら、美味しいスイーツが口に出来なかったとのことで・・・全てのレッスン終了後、サロンで仕切り直しのティータイム
せっかくなので、可愛らしいクロスも敷いて・・・色々ありがとう、お疲れ様でしたびっくり

リヨンさん特製のプティングと、ヴィクトリアンサンドウィッチ。お味はほっぺたが落ちそうなほど。英国菓子に合わせ、器も英国のもので揃えました。「美味しいハート」笑顔での締めくくり♪

そんなティータイムの食卓には・・・11月7日のランチ会の時に、皆様に1冊ずつお渡しする届きたてのプレミアム本の姿が!!!

20091024-02.jpg


もちろん中身も充実していますよ。マスタークラス「マイセン」のレッスンに出られた方には、写真でレッスン内容を振り返っていただけることと思います。こちらの本を作りながら、すっかり心はマイセンの町へ。夫も「これはあそこで写した写真だね」と嬉しそう。

イベントにご予約されている生徒様には、月末に改めてご案内状をお届けします。当日は前菜・お魚・お肉・デザート、マイセンづくしで楽しんでいただきます。ティータイムには19年世紀末アンティークマイセンのカップを使わせていただけるとのこと。こんな贅沢なランチはない!どうぞお楽しみに王冠

美味しさを高めてくれる「由来物語」

イベントにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。無事2日間が終わり、ホッとしました。教えていただいた様々なお菓子の由来、思い出しながら、ぜひ紅茶の日には美味しい英国菓子をセレクトして下さいね色付きアスタリスク-5sReg*PeachPink(白-薄い背景用) †SbWebs†
ちなみに私は紅茶の日はお茶畑で茶摘みをしています♪これはこれで最高の紅茶の日かしら??

20091023-01.jpg


残念ながらレッスンに参加できなかった夫には、帰宅してから報告を。学んで、家族に対してでもすぐにアウトプットすると、頭の中が自然に整理できて、忘れにくくなる気がします。ニコニコ聞いてくれる夫にも感謝ですね。

スコーンの由来になっている運命の石。スコットランドのエジンバラ城にあるこちらの石を夫は見てみたいそうです。いつ実現するかな??

20091023-02.jpg


スコットランドの旅の雑誌などを広げて・・・楽しい妄想をしながらスコーンでティータイム。実際に行くことはすぐに出来なくても。こんな時間を持つだけでかなり満たされます。単純でしょ?

知るとお菓子の美味しさを更に高めてくれる「由来物語」、ぜひ「紅茶由来物語」についてもレッスンでしっかり学びを深めて下さいね。気持ちが入ると、お菓子もお茶もとびきりに近づくはずです照れ笑い

英国菓子の由来物語

猫井さんの爆裂トーク(笑)一日中笑っていたような・・・楽しい楽しい「英国菓子の由来物語」、本日ご参加の皆様もどうぞよろしくお願いいたします。

20091023-03.jpg


8月末の予約開始からあっという間に満席御礼を頂いたこちらのイベント。3日間で60名を超える方をお招きすることに。猫井さんもビックリしていましたー。イベント告知前より、猫井さんの著書のファンだったという方もいて・・・レッスンの後はサイン会!!お持ちいただいた著書も完売御礼・・・皆様楽しく復習しましょうね。

特別に作っていただいたヴィクトリアンサンドウイッチ・・・私が今までに頂いた中で最高のお味でした。原型、古典にこだわって制作していただき、その心遣いにも感謝。

20091023-04.jpg


お菓子の歴史や由来、作り方に興味がある猫井さん。
販売されているお菓子の流行、ディスプレイのセンス、同じお菓子でもまたまた違う視点で捉えるリヨンのマダムAyaちゃん。

お菓子そのものだったり、お菓子の型だったり、珍しいディスプレイだったり。お二人の旅のお写真は、お菓子の写真だらけ。ご本人たち写っている写真は皆無。。。
一度Ayaちゃんに「厨房の排水溝」のお写真を見せられたときは苦笑いするしかありませんでした(笑)

20091023-05.jpg


私から見るとかな~りマニアックなお二人なのですが・・・逆にお二人からすると、私の旅も激しくマニアック!!と。確かに紅茶や陶磁器、お茶に関わった王侯貴族の写真ばかりですものね。

類は友を呼ぶ??すっかり「仲間」気分(笑) でも今日の学びを活かして、次にイギリスに行くときはたくさんお菓子の写真も撮ってこようと思いますデジカメ

会場をお間違えなく!

楽しみにしていたイベント「英国菓子の由来物語」、猫井先生をゲストにお迎えして・・・英国菓子について楽しむ会。当日お使いいただくカップやとびきりの茶葉を荷詰めして・・・準備も万端です。

20091017-08.jpg


当日ですが、お申し込み時に確認済みだと思いますが、会場が湯島の「ロワゾードリヨン」のサロンドテになります。間違えて日本橋サロンの方に集合されないように!

お席の準備が整うまでは、下のショップでお買い物をお楽しみ下さい。またご参加される方全員にご迷惑をかけることになりますので、遅刻は厳禁でお願いしますね。

20091017-05.jpg


講師の猫井さんからもマニアックなレジメが届き、お見せいただけるたくさんの資料などを想像してワクワクキラリ 美味しいスコーンとミルクティーを頂きながら「楽しみだね~」と盛り上がっています。

また当日11月7日のイベント「恋するマイセンランチ会」のお食事代金をお支払い予定の方は、お釣りがないようにご持参いただければ幸いです。

20091017-07.jpg


さて、12月のレッスン申し込みですが、予定通り10月27日より受付開始いたします。ご予約はチケットの残り枚数分のみ承れます。休会中の生徒様で復会社ご希望の方は、26日15時までにチケット購入をお済ませ下さい。

クリスマスツリーが出ているサロンは一年で一番輝いています王冠 クリスマスを存分に満喫できるマスタークラスの講座も計画進行中。よろしくお願いいたします。

来週は台湾♪

月日が経つのは本当に早い!気付けば来週は台湾なのです。
1年前の台湾研修から・・・国内での製茶研修を2回経験、紅茶の産地ニルギリへの視察など勉強の機会はありましたが、経験知識、少しは肉付けできているかしら!?

0901120-01.jpg


経験知識、かなり不安、、、農家の人のご迷惑にならないように、復習をしっかりしてから出かけます。

そんな中でも1年前よりも成長しているな・・・と感じることは、昨年の今頃よりももっと強く「紅茶作り」「茶樹」に興味が出ていること。理屈なく、「紅茶が好きheart03」というパワーだけは、知らず知らず膨れあがっている気がします。

0901120-02.jpg


優雅とはほど遠い紅茶作り。作業服で苦手な虫もたくさんいる場所での茶摘み、徹夜に近い製茶作業。昔の私ならば「無理~ えーん」と言ってしまいそうですが、今は関われることが本当に嬉しく楽しい。

そして同じように感じて、日本から台湾までの飛行機移動よりも時間のかかる、国内の鉄道の旅も「3時間半なんてすぐすぐ」言ってくれる仲間がいるのも幸せ。うちの夫は出発日には外せない仕事があるとのことで、仕事を終えてから現地合流すると張り切っています。

台湾での新しい茶縁にも期待です リボン
sidetitleプロフィールsidetitle

碧@Cha Tea

Author:碧@Cha Tea
紅茶教室 
Cha Tea紅茶教室

監修本 
紅茶のすべてがわかる事典

※当ブログ内のすべての画像の無断転用はお断りいたします

sidetitle夢を叶えるための名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。