スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳を重ねる楽しみ

メールやお手紙 で誕生日祝いを下さった生徒様、ありがとうございます♪年々歳を重ねるのが楽しく感じるようになっている自分を嬉しく思います。

シフト制のため、メンバー全員が揃うことがなかなかないCha Tea なのですが・・・先週は会うスタッフ会うスタッフにお誕生日祝いをしてもらい・・・ありがとー

えりちゃんから頂いたプレート付きのケーキは夫と楽しんで、翌日はサロンで他のスタッフと。

いつもの机に、クロスが敷かれ、ロブマイヤー、アウガルテン、私やスタッフにとって特別な食器が並べられ。シルバーのポットも揃えば、お外のティールームでは実現しない贅沢なティーテーブルが完成。

100625-02.jpg

カフェ勤めが長かった愛ちゃんがスイーツをカフェ風に盛りつけてくれて・・・ハンドメイドの最高のお茶と共にレッスン後またまたお祝い をしてもらいました。

スタッフみんなにお祝いしてもらう誕生日ももう何回目かしら。
紅茶」というキーワードで繋がっている私とスタッフ。紅茶に、紅茶教室に興味を持っていられるからこその良い関係。年をとっても何時間でもお茶話が出来る間柄でいられると良いな。

まずは来年もみんなにお祝いしてもらえるように・・・1年、私の中の「紅茶」の存在を大切に育てたいと思います。

そんな誕生日付近に読んだ本。記録代わりに載せておきます。

35歳からの仕事の教科書35歳からの仕事の教科書
(2010/04/16)
中島 孝志

商品詳細を見る


社員をバーベキューに行かせよう! ―結束と成果はこうすれば生まれる社員をバーベキューに行かせよう! ―結束と成果はこうすれば生まれる
(2010/06/18)
蓬台 浩明

商品詳細を見る


やらなくてもいい、できなくてもいい。やらなくてもいい、できなくてもいい。
(2010/04/30)
四角 大輔

商品詳細を見る


Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
スポンサーサイト

英国の家に住まう~コッツワールド・トークショー

イベント「英国の家に住まう~コッツワールド・トークショー」、募集開始から1日もかからず18席が満席に。コッツワールドさんと相談の上、8月29日16時半に追加開催をしてもらえることになりました。小尾ちゃんありがとう~。追加した16時半の回も残り5席です。ラストチャンスですので、検討中の方はお早めにお申し込み下さい

今週からは外壁のレンガ張りも始まる新サロン。レンガは、横浜のレンガ倉庫を担当している職人さんがわざわざ来てくださるとのことで・・・スゴイ!迫力ある外観になりそうです。

イギリスで製作していただいた看板も無事到着。玄関ドアのデザインも上がってきました。私の大切にしているロイヤルアルバートのイヤープレート。その中に描かれている玄関のドアをCha Tea 風にアレンジしてもらいました。ステンドグラスで作っていただくのは・・・もちろんお茶のお花です♪

100630-02.jpg

玄関ドア全体の色はフォートナム&メイソンカラーをお願いしました。日本の紙袋の色は、実際の色と少し異なるので・・・「できれば英国本店の色に」と、年末の打ち合わせ時、私や小尾ちゃんの記憶や写真の中の色を辿ってカラー決めをしました。

「これに近い気がする 」「これとこれの中間くらいかも 」決めたはいいものの、正直少々不安が残っていたのですが、年明けにスペシャルな報告が。

年末に渡英した小尾ちゃんが、フォートナム&メイソンの本店の前で、色見本の台帳と、実際の外壁を照らし合わせて来てくれたというのです!!

間違いなくこの色でした!!」報告を聞いたとき、まさかそこまでする と本当にビックリしました。コッツワールドさんのこだわりって本物だ~と。

打ち合わせから、施工中も含めての家造りの楽しさ。イベントではコッツワールドさんのこだわる「英国の家」についてたーっぷりお話を伺いましょう。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

紅茶の先生の卵たち・・・卒業おめでとう

★教室からのお知らせ★
イベント「英国の家に住まう~コッツワールド・トークショー」ですが、8月29日16時半に追加開催が決定しました。
14時の回でキャンセル待ちを希望されていた8名の方にはメールさせていただきました。16時半でご参加希望の場合は、22日まてにご連絡下さい。
16時半の回も残り10席です。ご希望の方はお早めにご検討下さい。


4月からスタートしたプロフェッショナルクラス・・・火曜日クラス、日曜日クラス、共に全6回の内容が修了しました。最終日は、「筆記」「テイスティング」「プレゼンテーション」のテスト、そして「課題提出」とハードな内容。プレゼンテーション中は皆さん、緊張で手が震えたり、声が震えたり

「こんなに勉強したのは数年ぶり・・・紅茶に対してこんなに真剣になれるなんて」「落ち込むことも多かったけれど、やるからにはきちんとしていきたいという気持ちが強くなった」皆さん、本当に一所懸命に取り組んでくれて。頼もしい言葉もたくさん。

テスト終了後のティータイム。Cha Tea からのサプライズは「卒業おめでとう 」のプレートがのったホールケーキ。

100627-10.jpg

緊張が一気にほぐれたのかな??
火曜日クラスはケーキのロウソクを前に一同感極まって涙、涙・・・。

「大人になって人前で泣くなんて 」なんて恥ずかしそうなメンバーでしたが、涙が出るほど真剣だったんだな・・・と、みんなの涙は私やスタッフにとっての素敵なサプライズになりました。

日曜日クラスは元気いっぱい!「お疲れ様~」体育会系ののりで(笑)

気になるテストの結果は・・・30日に速達便で配送予定です。7月2日までに届かなかった方は、お手数ですがサロンまでご連絡下さい

卒業はゴールではなく、スタートラインに立ったと言うこと。私やスタッフも、皆さんの良き仲間、良きライバルとして・・・切磋琢磨していきたいなと思います。これからたくさんの感動、涙、喜び・・・津波のように押し寄せることと思いますが、まずはテスト勉強お疲れ様

卒業おめでとう、皆様の第一歩、応援していますね。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

ミントンタイルと格闘 今年のお誕生日

先週、無事一つ歳を重ねました。お教室を始めてから、誕生日の日にお休みした記憶はほとんどないのですが、今年は珍しく、レッスンはお休み。新サロンの打ち合わせのみの1日でした。

前日のレッスンの合間に・・・スタッフがサプライズでお誕生日祝いをしてくれました 8月の予定と睨めっこしていたら・・・こんなに可愛いティーテーブルが。カードにプレゼント、ありがとう(^_^)
大好きなヘレンドのカップ、いつも以上に可愛く見えたティータイムでした。

100619-10.jpg

今年は新サロンの建築という大きなプロジェクトがあり、通常のレッスン+αでたくさんたくさんスタッフに協力をもらっています。私1人では出来ないこともたくさんある中で。それぞれの個性を持ったスタッフの力が合わさって・・・お教室も、そして新サロンも、良い方向に進んでいること、とても有り難く感じています。また1年よろしくね

新サロンの方も、英国の輸入建材が無事横浜湾に着き。週明けからは、どんどん設置が進んでいくそうです。お誕生日当日は階段の蹴り上げ部分に埋め込むタイルの並び順を決める打ち合わせでした。

100625-01.jpg

炎天下の中、道端にタイルを広げて、真剣に論議。もちろんコッツワールドの小尾社長も一緒に。
まずは、35枚のタイルから26枚をセレクト。アンティーク屋さんの協力をいただき・・・全てアンティークのミントンタイルで揃えられることになりました。

タイルが決まったら次は並び順を決めます。バランスが難しくて、「これで行きましょう 」と決定するまで1時間半くらい?!暑くて暑くて倒れそう ・・・と言いつつも、「妥協は出来ない!」みんなが同じ思いで・・・。そして並び順が決まったら、埋め込む際の2枚のタイルの幅を決めるためまた悩む悩む。

階段の完成がとてもとても楽しみです。小尾ちゃんいつもありがとう 月曜日の現場報告も楽しみにしています。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

8月のレッスン予約開始です

本日より8月のレッスン予約が開始になります。日本橋サロンでのレッスンは8月末日までになります。日本橋でのレッスンを希望される生徒様は、お早めにご予約をお取り下さい。(現在レッスンをお休み中の生徒様の復会は7月2日以降の受付になります)

8月のマスタークラスは、2本。そして後半にはスペシャルゲストを招いてのイベントも。

1本目のマスタークラスは「My Cup of Tea」♪
紅茶が大好きな英国人、ティーカップへのこだわりももちろん!「My Cup of Tea=私のお気に入り」そんな慣用句が生まれた背景を、ティーカップへのこだわりを通して追ってみましょう。
当日は可愛らしいカップをたくさんご用意してお待ちしています

こちらの講座はアドバンスドクラス「12講座以上」修得済みの生徒様が対象になります。確認の上お申し込み下さい。

100619-07.jpg

後半・・・日本橋教室最後のマスタークラスはCha Tea 紅茶教室の教室名でもある「茶-TEA」、命を繋ぐ「」から始まった飲み物は、5000年の時を経て海を渡り・・・今では「TEA」としても世界で親しまれています。
原産地の「茶」、欧米の優雅な雰囲気をまとった「TEA」、それぞれの代表的なお茶を飲み比べてみましょう

そして日本橋サロン最後のスペシャルイベントは、「英国の家に住まう」!

新サロンの設計・監修を一任している日本で唯一の英国住宅専門の設計事務所コッツワールドの社長でもある小尾光一氏をゲストに迎え、「英国住宅」をテーマに、お話しを頂きます♪

100619-08.jpg

英国住宅の特徴、英国人の住まいに対する考え方、小尾社長お勧めの英国スポット、コッツワールドさんのプロデュースした作品の数々 ・・・たくさんの映像共にお楽しみいただきます。新サロンの建築過程についても、詳しく説明していただけることに

8月も本当に盛りだくさん~。暑いのも忘れてしまうくらい充実した夏になることでしょう。ご一緒に楽しんでいただければ幸いです。

お持ちのチケット以上の予約は出来ませんので、ご予約前に必ずチケットの残数はご確認下さい。ご協力よろしくお願いいたします。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

Cha Tea 紅茶教室のスタイル

★教室からのお知らせ★
8月のレッスン予約は6月26日(土)10時~開始します。復会をご希望の生徒様は25日15時までにチケット購入のお手続きをお済ませ下さい。

手前は台湾の烏龍茶「東方美人」、奥は「蜜香紅茶」、嬉しいティータイムが続いています。
小さな小さな葉っぱ・・・茶摘みの経験もすでに数十回というメンバー3名で、2時間で300gしか詰めなかったとのこと。

サロンでご紹介しているネパールのファーストフラッシュ・GreenTeaTasteもこんな小さな芽からできています。贅沢な一芯一葉、ベテランの茶摘み婦で1日1キロしか摘めない・・・そんな話を聞くと、有り難くて有り難くて。飲み終わった後の茶殻さえも愛おしくなります

お茶が大好きな人と、お茶摘み、お茶作り、ティータイム、素晴らしい時間を共有できること。お教室を始めなけれぱ縁がなかったことだな・・・と思います。

100619-06.jpg

美味しいお茶に触れていると・・・心はすでに秋の製茶研修に飛んでいるようです 茶農家の方や、仲介に入ってくださっている多くの方のおかげで何年も続けて実践できている貴重な研修。

今から秋の茶摘みの話 と思われる方もいると思いますが、茶の樹の剪定、商品化する茶畑との区別、私達の訪問する日に芽が一番良い状態になっているように・・・と、影で私達のために協力してくださっている方がいての研修。本当に頭が下がる思いです。

お茶を楽しむためのインテリアなど室内の環境も作りもとても楽しいのですが、やはり根本には「農産物としてのお茶」に関わりたい、「飲料としてのお茶が世界を魅了した歴史背景に触れてみたい」そんな気持ちが強くあり・・・。

私やスタッフに共通するその想いがCha Tea 紅茶教室の根底になっているのではないかな・・・とも思います。色々なスタイルの紅茶教室がありますが、私達は私達らしいスタイルで♪

8月で日本橋校でのレッスンも最後。最終月のマスタークラス、Cha Tea らしいスタイルの提案ができればなと思います(^-^)

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

美味しくて悔しい台湾紅茶

★教室からのお知らせ★
8月のレッスン予約は6月26日(土)10時~開始します。復会をご希望の生徒様は25日15時までにチケット購入のお手続きをお済ませ下さい。


台湾紅茶、悔しいけれど美味しいです。ウンカ芽のみで作った贅沢きわまりない紅茶。生葉のおかげ それども腕 どちらにせよ、同席できなかったことがとても悔しい夫の報告でした

今回は仕上がりの量が60キロという商業用の紅茶作り。香りも個人で作るときとは非にならないくらい素晴らしかったとのこと。300籠の生葉・・・私達が作るときはその1/10位の量なので・・・香りも10倍ということですね。発酵中の香りが嗅ぎたかったな~

国内の茶畑にも同行してくれる私のお茶の師匠は・・・今回の製法を日本の品種でも試してみたい!とすでにやる気満々の様子。まだしばらく台湾に滞在する師匠、帰国後秋の製茶研修についてまた打ち合わせをしなくては・・・。

100619-04.jpg

夫が手持ちで持ち帰ってきた量はとてもとても少なかったので・・・プロフェッショナルクラス最終回、テストの後のお疲れ様会で生徒様に飲んでいただきました!!!

「甘い」「良い香り」「美味しい」

テストの緊張もとれ・・・ほーっっっ。美味しい紅茶は人をリラックスさせる力を持っていることが実証された瞬間?!たくさん誉めていただき、夫もきっと鼻高々でしょう

日曜クラスの皆様の分も取っておきますね。ぜひ美味しいご褒美を目標に?!ラストスパートお勉強頑張ってください(^-^)

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

新サロン建築過程

今週のサロンはマスタークラス「ティーバッグでアイス・チャイ」のレッスン三昧の日々。私達もレッスン時+プライベートも含め、6月はアイス・チャイづくし。淹れ方を変えたり、ティーバッグ の中身を変えたり。

アイスチャイを飲んでいると何故かカレーがとても食べたくなって。サロンでのランチもカレーの回数が増えた6月でした(笑)

100616-02.jpg

そんな6月、後半に入り新サロンの方も着々進んでいます
先週末はサロン出勤の私に代わって。たまえ先生夫妻が現場を見に行ってくれました。オーダーメイドの輸入住宅を10年前に建てられているたまえ先生夫妻。私や夫以上に新サロンの完成を楽しみにしてくれていて。有り難い限りです。

内装の打ち合わせも着々と。先日はカーテン の打ち合わせも♪コッツワールドさんの紹介で、山梨のメーカーさんがわざわざいらして下さいました。

今のサロンのカーテン、前のサロンのカーテン・・・まだまだ使えて、思い入れもあり捨てたくないものもたくさんで。リメイクできるものはリメイクをお願いしました。快く引き受けて下さり、本当に感謝。

100619-03.jpg

コッツさんの差し入れして下さったラ・テール「酪円菓」冷やしていただくとても美味しくて。食べ過ぎています 軽くて美味しいものはついつい手が伸びすぎて危険ですね 小尾ちゃん、福ちゃん、ご馳走様でした♪

工務店さんと大工さんたちの頑張りで遅れも取り戻せそうなので・・・この調子だと夏の旅行も予定通り行けそうかな。

認定校の濱先生も無事パリに旅立たれ・・・7月に本校スタッフと認定校の先生を対象にした報告会を主宰して下さいます♪ 今からとても楽しみ。1人ですと、行ける範囲、できること、どうしても限られてししまいますので、同じ視点で学んでいる仲間との情報交換はとても大切、濱先生道中気をつけてくださいね。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

茶香炉ならぬスパイス香炉

スパイスモード全快のサロン♪茶香炉の上には、スパイスがのせられ・・・良い香り。

オリジナルのマサラチャイ、それぞれの個性が出ていて飲み比べもとても楽しい。メーカーさんのお味のテイスティングも楽しかったですが、各自が作ったマサラチャイの飲み比べはまた格別でした。私やスタッフもテイスティングを満喫です

自宅に持ち帰ったティーバッグを使って・・・また違う淹れ方でのアイスチャイにもチャレンジしてみてくださいね。牛乳も もちろん自分好みで♪

レッスンの後のスタッフ同士のティータイムももちろんアイスチャイを飲みながらでした。ウバをベースに、カルダモンがたっぷり入ったアイスチャイ、爽やかなお味でした。

100619-01.jpg

お茶を楽しみながら、教材用に制作したデジブックをみんなで鑑賞。新芽を見ると「あー、摘みたい」、ウンカを見ては「なかなか綺麗な写真が撮れないんだよね~ 」、茶畑の写真を見ては「これはダージリン?」「これはアッサム?」産地当てをしたり。「紅茶」というキーワードで集まった仲間たち・・・お茶の話は本当に尽きないものです。

プロフェッショナルクラスの個人面談も週末で終わり・・・私もほっと一息、本日はもうテストです。みんなの頑張りが形になると良いな。紅茶の魅力を誰かに伝える。そんな楽しみを知っていただければ嬉しいなと切に思います。
リラックスしていらして下さいね

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

夫の台湾製茶研修

週末を利用して台湾にお茶作りに行っている夫から報告のメールが。

土曜日は東方美人茶をそして日曜日は紅茶作りをしているとのこと。大きさザルに300籠もあった生葉が、揉捻を繰り返していくうちにたった50籠に・・・まだまだ作業が続くので、出来上がりはどれくらいの量になってしまうんだろう・・・そんな内容でした。

40度の暑さ の文山地区、茶摘みはとてもハードだったようです。農家の方も皆さん、大きな傘で日陰を作っての茶摘み。台湾での製茶はここ数年秋に限定されていたので、こんな風景を見るのは初めて。お茶の木の状態も秋とは違うんだろうな~。暑いのは苦手ですが、メールが届く度に「羨ましい~ 」と溜息。

100619-02.jpg

今回は夫と、私のお茶の師匠、そして吉祥寺のお茶専門店のオーナーさんと、台湾常連組の男同士3人の研修、断水になり、川で水浴びをすることになった~など、かなりワイルドな報告も

でも仕事もしっかりと。産地は今お茶作りの真っ最中で猫の手も借りたいくらいの忙しさのようで・・・なんと夜中の3時まで作業をしていたそうです(^_^;)

小さな小さな新芽から、どんなお味のお茶が生み出されるのでしょう。製茶中の「香り」を持ち帰ってもらえないことが一番悔しい。香りを封じ込めるカプセル があればいいのに!!写真を眺めつつ、記憶の中の香り辿ることにします。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
sidetitleプロフィールsidetitle

碧@Cha Tea

Author:碧@Cha Tea
紅茶教室 
Cha Tea紅茶教室

監修本 
紅茶のすべてがわかる事典

※当ブログ内のすべての画像の無断転用はお断りいたします

sidetitle夢を叶えるための名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。