スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティーリゾートに出かけてきます!

★お教室からのお知らせ★
10月31日~11月4日まで海外研修のためお休みを頂きますこの間のご予約はメール でのみとなります。またお返事もいつもよりスローペースになります。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。


週末のレッスンも無事終わり。さて、本日より短い「ティーリゾート」に出かけてきます♪ 行き先はマレーシア・キャメロンハイランド。私にとっては久しぶりの産地です。朝の便なので、これからトランクを出して荷詰め・・・ですが数泊ですので、機内持ち込みですんでしまいそうです。

もちろん、研修も兼ねての旅ですので、4つほどの茶園を見てきますが、今回の最大のテーマは「リゾート 」ですので。宿泊も憧れていたホテルのスイートルームを予約してもらいました。スイートルームに宿泊なんて、久しぶり~♪それも家族とではなく女友達と。夜の時間なのお喋りも盛り上がりそうです

201100825-120.jpg

サロン運営というと優雅な感じはしますが、完全な自営業なので。お教室を始めてからは基本どこに行くのにもパソコン持参(最近はスマホ持参)が必須。何しろ帰国するとメールの量が半端なく・・・

でも、今回は旅行のテーマは「リゾート」に合わせて、仕事モードは少しお休みすることにして、電子機器 にはお留守番をしてもらうことにしました。運良く、夫の出張も重ならなかったので、留守中のお申し込みのお返事は、夫が代行ししてくれることに。込み入ったメールのお返事以外は夫からさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。

合わせて、ネットショップの方も4日まで発送をお休みさせて頂きます。4日までに頂いたご注文は、5日の発送からになります。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、明日からのBlogは、自動更新モードで♪ またのぞいて下さいね~。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
スポンサーサイト

週末のティーブレイク

レッスンをして、レジメを書いて・・・ちょっとドタバタしている週末です 
旅の楽しみの前に苦悩はつきもの あれこれ悩みつつ、1つ1つ課題をクリアして。レジメもめどが立ったので・・・ティーブレイク。

今日はティーリゾートで使用するクロスを敷いて気分を盛り上げましたよ~。ピンク色のクロス、ちょっと民族衣装的で可愛い。最近お気に入りのクロス屋さんで取り寄せをしました。クロス1枚で部屋の雰囲気がぐっと変わるのは魔法のよう。チャイグラスもこういうクロスだと映えますね。

リヨンさんの新作ケーキの味見も兼ねてのティータイムだったのですが、とーっても美味しかったですよ。レッスンでもご紹介しますね

201100825-119.jpg

12月のレッスンも提示と共にたくさんのご予約を頂き、有り難い限り。リクエストの多かった11月末のマスタークラス「アドベントクリスマス」の講座も、追加をお出しした途端、たくさんのお申し込みを。本当にありがとうございます。

毎月複数の講座を提案しているCha Tea ですので。実はティーリゾートの講座の裏では、アドベントクリスマスの準備も。。。今までにないテイストのテーブルを作りたいな・・・と取り寄せた食器とお菓子だったのですが、スタッフには大好評で。ちょっと安心しました

ポップなクリスマスから、12月25日の本番まで、少しずつクラシカルにクリスマスの雰囲気を作り上げていきたいなと思っています。楽しみにしていて頂ければ嬉しいです。

12月は既存の生徒様のご予約が予想以上に多く、ファーストレッスンはどこまで開催できるかちょっと怪しい感じ。もしご検討中の方がいましたら11月中で調整して頂ければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

可愛すぎるミニチュアポット

★お教室からのお知らせ★
10月31日~11月4日まで海外研修のためお休みを頂きます。この間のご予約はメール でのみとなります。またお返事もいつもよりスローペースになると思いますので、お急ぎの方は30日までにお申し込み下さい。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。


めちゃくちゃ可愛いロイヤルアルバートのポットが入荷してきました~♪ 1990年代に制作されたシリーズです。1人分用の小さなポットですが・・・使うと言うよりはコレクション用?!あまりの可愛さに、スタッフのえりちゃんが悶えていましたよ(^^;)

手前はロイヤルアルバートのショップのイメージ。食器のワゴン販売?!壊れ物です、優しく触ってね・・・など注意書きがしてあるのもツボ。
そして奥の子は食器棚。こちらの数倍の大きさのものが元々サロンにあるのですが・・・蓋の部分を紛失。今は花瓶して使用しています。こちらはもちろん蓋付きです。

201100825-118.jpg

どちらの子も裏から見ても可愛いのが花丸ポイント。紅茶をたっぷり飲む生徒様には少し小さめのポットですが、ミルクピッチャーとして使用するのも良いかもしれません。いやいや見ているだけで癒される。サロンでぜひ実物を見て下さい♪

さて、本日よりクリームティーの後半戦スタート。残り5レッスンです。
美味しくて楽しくて、でもレッスン終了後は少し世界が広がっている・・・そんなクリームティーになれば良いなと思います。

そうそうレッスン後早速クリームティーを楽しんだ生徒のSちゃんからの情報。銀座プランタンの地下のビゴで、タカナシのクロテッドクリームの取り扱いを発見したそうです♪お近くにおいでの際は、ぜひ試してみて下さい。Sちゃん、情報ありがとう~。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

まだまだ続くクリームティー♪

★お教室からのお知らせ★
10月31日~11月4日まで海外研修のためお休みを頂きます。この間のご予約はメール でのみとなります。またお返事もいつもよりスローペースになると思いますので、お急ぎの方は30日までにお申し込み下さい。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。


スコーン三昧のサロン♪ マスタークラス「クリームティー」前半戦が終了しました。
今回はりつえ先生と相談して、業務用としてパン屋さんなどで使われているレシピ、りつえ先生のお師匠様のレシピ、イギリスの有名ホテルのレシピ、3通りのスコーンを召し上がって頂いているのですが、反応もそれぞれ。

「アフタヌーンティーで食べるお味 」「留学 していた頃を思い出す味」「これは初めてのお味だけれど、一番好き 」など、たくさんの感想を頂いています。お家で手作りされる方も、お店で購入される方も・・・ちょっとした知識でより自分好みのスコーンに出逢えることもあるはず。

週末組の皆様の感想もとても楽しみです。講座で学んだ知識を活かして、クリームティーがますます楽しい時間になりますように♪

201100825-117.jpg

さて、スポードの陶器のティーセットでレッスンを楽しんで頂いている裏で。
私やスタッフは11月前半のマスタークラス「ティーリゾート 」のレッスンの準備を。こちらの講座では、スパイシーなサモサから始まり、現地のお菓子、そしてリヨンさんの極上のケーキ・・・とローカルアフタヌーンティーを楽しんで頂きます。

英国住宅のサロンでティーリゾート!いつもと異なるテーマは、食器の見直しや整理にも繋がります。「こういうタイプの器が少ないね」「お花がない~ 」「使いたい小物が品川の倉庫だ。。。」ギャーギャーわめきながら(笑)届きたての新しいクロスを敷いて、お皿を並べて・・・。足りない小物は現地調達かな?

仕事ですので、時には眉間にしわが寄ったりもしますが、あれこれ悩んでいる時間はとても充実しています♪出発まで楽しく詰め作業に追われましょう。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

最近の読書記録

★お教室からのお知らせ★
10月31日~11月4日まで海外研修のためお休みを頂きます。この間のご予約はメール でのみとなります。またお返事もいつもよりスローペースになると思いますので、お急ぎの方は30日までにお申し込み下さい。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。


イギリス・パラゴンのティーセットはとても華やか 見ているだけでウキウキして、そしてとても女性らしい気分になります。パラゴン社はロイヤルアルバート社に吸収される形で現在は窯がなくなってしまいましたが、アンティーク市場では大人気の窯です。

写真のティーカップは70年ほど前の作品ですが、どの子も現代物に負けないデザイン性があります。昔の物ですので、なかなかトリオで揃ったお気に入りが見つからないのが悩ましいところなのですが・・・少しずつそろえていく楽しみもあります。

201100825-111.jpg

10月もそろそろ終わりですので・・・忘れないように最近の読書記録などを。

話題本は手にせずにいられない性格・・・「スティーブ・ジョブズ I」あっという間に読破。後編が楽しみ。命日に偶然出版された「神の遺言」も、やはりミーハー根性で購入。一冊買うのでしたら伝記の方がお勧め。

スティーブ・ジョブズ Iスティーブ・ジョブズ I
(2011/10/25)
ウォルター・アイザックソン

商品詳細を見る

スティーブ・ジョブズ 神の遺言 (経済界新書)スティーブ・ジョブズ 神の遺言 (経済界新書)
(2011/09/23)
桑原晃弥

商品詳細を見る

9月に2度舞台を見に行って・・・すっかりはまったロミオ&ジュリエットの世界。定番の古典劇をこんなに斬新にアレンジできるんだ~と感動すると共に、やっぱり何百年も愛されるシェイクスピアの作品って素晴らしいな・・・としみじみ。元祖フランス版 のCDはお勧めです

ロミオとジュリエット  シェイクスピア全集 〔10〕 白水Uブックスロミオとジュリエット シェイクスピア全集 〔10〕 白水Uブックス
(1983/01)
ウィリアム・シェイクスピア

商品詳細を見る

Romeo Et Juliette: Les Enfants De Verone (+Bounus DVD)Romeo Et Juliette: Les Enfants De Verone (+Bounus DVD)
(2010/01/26)
Damien Sargue

商品詳細を見る

濱崎シェフの本も良いですよ♪ ランチ会で頂いた「パルメザンチーズのクロカンテ」「カラメルプリン」のエピソードも。ああ、また食べたくなってきましたよ~

のんびり、ゆったり、僕流イタリア料理のんびり、ゆったり、僕流イタリア料理
(2006/10/28)
濱崎 龍一

商品詳細を見る

ドラマは見ていないんですけれどね・・・。何となくブームに乗って(笑) 子供の頃に見た映画は強烈な印象で記憶に残っています

南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫)南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫)
(2007/02/06)
北村 泰一

商品詳細を見る

上野先生監修の本は大好き。昔は良く講演会を聞きに行ったものです。刑事物のドラマや小説はいつになってもやめられません・・・。

上野正彦原案・監修 監察医シリーズ 炎の画策 (ポプラ文庫)上野正彦原案・監修 監察医シリーズ 炎の画策 (ポプラ文庫)
(2011/10/06)
柚原 瑠璃子

商品詳細を見る

「天使のナイフ」「虚夢」を貸した相手が、他の本も・・・と言うので買い足してみた「闇の底」、うーん、前の2作の方が好みでした。「悪党」早く単行本にならないかな~。

闇の底 (講談社文庫)闇の底 (講談社文庫)
(2009/09/15)
薬丸 岳

商品詳細を見る

ロンドンでの移動は基本電車+バスの私たち夫婦。特にバスは大のお気に入り。今まであるようでなかったバス で回るロンドン観光。ロンドン行きたい~!!!盛り上がってきますよ。

ロンドン バスボン!ロンドン バスボン!
(2011/09/17)
大村 えつこ

商品詳細を見る

羅列してみると、何ともまあ統一性のない(笑)
さて、マレーシア往復の飛行機で読む本を考えなくちゃ。お勧めがあればぜひ教えて下さい。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

12月のレッスンスケジュール

25日22時より12月のレッスンのご予約を開始いたします
12月までの予定が決まると・・・あー、今年ももう終わりなんだなーなんて寂しい気持ちにも。個人的に1年で一番大好きな大好きな12月、今年も心残りないように楽しみますよ♪

さて、第一弾の新講座はマスタークラス「クリスマス のテーブルウェア」、洋食器売り場にもそれぞれのメーカーのクリスマス柄のテーブルウェアが並びはじめる季節。この時期ばかりは、磁器よりも手ごろな価格で購入できる陶器のクリスマスグッズが大人気。

201100825-112.jpg

ウェッジウッド、スポードなどイギリスの窯の陶器、フランスのジアン、ドイツのビレロイ&ボッホなど・・・陶器の基礎と、各メーーカーのクリスマスのテーブルウェアを楽しみたいと思います。こちらの講座はアドバンスドクラス「洋食器」受講者対象です。

そして真ん中には楽しいイベントも。テーマは「ブリティシュ・プディング」!!!
先日のテレビ不思議発見でも取り上げられていた英国の伝統菓子プディング♪ 映像を見ながらどんなお味なんだろう・・・と想像していた方も多いのでは

201100825-107.jpg

プディングの歴史や、プディングを愛した有名人、そして代表的なプディングの種類について学んだ後は・・・コールド、ベイクド、スチーム3種類のプディングの食べ比べを楽しんで頂きます。どんなプディングのレシピが登場するかは当日までのお楽しみ。

こちらのイベントは、アドバンスド&マスタークラスのチケットをお持ちの方でしたらどなたでもご参加できますが、単位にはなりませんのでその点はご注意下さいね。

そして今年のマスタークラスの締めは・・・「フォートナム&メイソンのクリスマス」♪
300年間英国のクリスマスの台所事情を支えてきたフォートナム&メイソン。美しい馬車でパンパーと呼ばれるバスケットに入ったクリスマス用品 を届ける様子は英国人の憧れでした。

201100825-105.jpg

美しいクリスマスディスプレイ、オリジナルのクリスマスティー、伝統的な英国のクリスマスを提供するフォートナム&メイソンの魅力を、貴重なヴィンテージグッズと共にご紹介します。

蜜蝋の灯り で彩られる大人のクリスマス。今年は11月のアドベントクリスマスからスタートし、こちらの講座まで。徐々にクリスマスの雰囲気作りをしていきたいと思っています。こちらの講座は「アドバンスドクラス12講座以上」修得済みの生徒様対象となります。

お申し込みの際は、推奨講座の受講の有無、チケットの残数(現在ご予約の講座も含めて)を必ずご確認下さい。ご協力よろしくお願い致します。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

スコーンの由来

★お教室からのお知らせ★
・12月のレッスン予約は25日(火)22時~です。復会をご希望の方は本日15時までにチケット購入をお済ませ下さい。
・10月26日(水) 14:00~16:00 のMaster クリームティー(Adv洋食器+Adv紅茶とミルク) に空きが出ました。ご都合のつく方は是非。

数年前に訪れたカナダ、ビクトリア。カナダが英連邦なんだな・・・と感じる美しい英国風の町です。写真に写るフェアモント・エンプレスホテルは、エリザベス女王もお泊まりになったホテル
ここでのアフタヌーンティーは、とても思い出に残っています。

さて、そんなカナダのアンティークショップで私の目を虜にしたのが・・・。

201100825-116.jpg

下のお写真と小さなミニチュアの椅子。これは何でしょう
分かった!と言う方は、かなりの英国、紅茶、英国菓子通です。

お写真に写るのは、1930年のウエストミンスター寺院。イギリスの国王の戴冠式が行われる寺院です。儀式では、カンタベリー大主教が祈祷し、国王は宣誓して「スクーンの石」がはめ込まれた戴冠式の椅子「キング・エドワード・チェアー」に着席します。

写真はその「キング・エドワード・チェアー」、そしてはめ込まれている「スクーンの石」こそ、英国菓子の定番スコーンの由来になっている石なのです。

201100825-115.jpg

お菓子の由来のお話などで、石の話を耳にしたことは多いと思うのですが、ウエストミンスター内部は写真撮影が禁止のこと、椅子のポストカードなどの販売がないこと(少なくともここ十年、私は見ていません)などから、イメージがつきづらい方も多いのではないかと思います。

そして現在はスクーンの石はエディンバラに帰還していますので、ウエストミンスターには、石のはめ込まれていない椅子があるのみ・・・。次に石がはめられるのは英国王の戴冠式の時!!!!

カナダからお嫁に来た写真と、小さな椅子のミニチュアは、スコーンの由来のお話をよりリアルにしてくれました。その後数点アンティークで探し求めた椅子のお写真や、カード・・・お分けできるものも用意していますので、資料をお求めの生徒様はぜひ♪

それでは今晩22時、12月の予定 が出ますので、よろしくお願いいたします。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

クリームティー空きが出ました♪

★お教室からのお知らせ★
・12月のレッスン予約は25日(火)22時~です。復会をご希望の方は25日15時までにチケット購入をお済ませ下さい。
・10月26日(水) 14:00~16:00 のMaster クリームティー(Adv洋食器+Adv紅茶とミルク) に空きが出ました。ご都合のつく方は是非。

火曜日よりスタートするマスタークラス「クリームティー」♪
スコーンと紅茶、永遠の組み合わせ。シンプルなティータイムだからこそ、スコーンにも、ジャムにも、クロテッドクリームにも、紅茶にももちろん器にもこだわりを

お写真を見ていると、それぞれの場所で頂いたクリームティーのお味が蘇ってくるようです。

201100825-113.jpg

こちらの講座ではタイプ別のスコーンをお一人様3つ召し上がって頂くため、一週間で200個近いスコーンが消費される予定。りつえ先生がせっせと頑張っています。

そして取り寄せたクロテッドクリームも20瓶近く。我が家の冷蔵庫はクロテッドクリームで埋め尽くされています(笑) 準備が整ってくると、気分はすっかりティールームのオーナー (笑)皆さんの「美味しい♪」の言葉が聞けるように頑張りますね。

201100825-114.jpg

さて、25日の22時~は、12月のレッスン予約もスタートします。12月は、マスタークラスが2本、イベントを1本予定しています。今年はどの講座もクリスマスに関係するもの。クリスマスの器、食べ物、そして本番のテーブル・・・と、少しずつクリスマス気分を盛り上げていく予定です

ツリーも昨年はどどんと仕上げましたが、今年は少しずつ形にしていく予定。クリスマス本番には素敵なツリーに仕上がると良いな。あれこれ考える時間は至福。楽しいクリスマスシーズンになりますように。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/



リストランテ濱崎での親睦会

昨日は楽しみにしていたリストランテ濱崎さんでのお食事会でした。オープンから10年たっても、なかなか予約が取れないことで知られている濱崎さんですが、今回はロブマイヤー社のご厚意で特別に貸し切りをさせていただけることに。志村社長にはお世話になりっぱなしです。心より感謝を♪

滅多にない機会ですので、今回はお教室の参加歴の多い生徒様から順にお声がけをさせていただいたところ・・・28席があっという間に満席に 紅茶、ワイン、そして極上のお料理を楽しみながら、生徒様同士親睦を深めていただきました。

「またこのような機会を」の声をたくさん頂き、ありがとうございました。私も本当に楽しい親睦会だったので・・・ぜひまたの機会を計画したいと思いました。その際はよろしくお願い致しますね。

201100825-109.jpg

参加して下さった生徒様の中にはCha Tea でのレッスンを最高180レッスン受講済みの方を筆頭に、100レッスン以上受講済みの生徒様たちもたくさん。

月に平均2レッスン受講して頂いても100レッスンに達するにはお休みすることなく4~5年間通い続けなくてはいけません。もちろん、長い歳月の中ではお仕事、私生活含め、何かしらの環境の変化があった方も少なくないでしょう。本当に長く愛して頂けていることに、スタッフ一同改めて感激致しました。

インターネットの発展で、気軽にお教室の開講が出来る環境が整い、巷には溢れるばかりの習い事が氾濫しています。習い事の最初のきっかけは、縁もありますし、立地や開催日時、金銭的な面ももちろん重要だと思います。出逢いはある意味どのスクールも平等ですが、そこから、継続して通って頂けるかは、別問題。

201100825-110.jpg

最初の1年間は「何かを習いたい」「ディプロマが欲しい」漠然とした動機で学習される方もいますが、2年、3年と「継続」して頂くためには、より充実した、継続したいと思って頂けるようなスクール側の商品提供と、コンセプトに共感して下さる生徒様の学びへの情熱が欠かせません。

「また食べに来て下さい」謙虚におっしゃって下さった濱崎シェフ。シェフの年々進化するお料理、向上するスタッフサービス、そしてその情熱に共感するお客様がいるからこその「予約の取れない店」なんですよね。

色々な意味で本物に触れられた1日。今年残り2ヶ月、初心を見直して、来年の春の10周年に向けて、より継続学習率の高いスクール作りを目指していきたいなと思います。

濱崎シェフ、素晴らしいお料理ありがとうございました

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

アンティークカップ 失われていく技術

★お教室からのお知らせ★
・本日のイベントの集合は11時半、濱崎さんのお隣のロブマイヤーサロンになります。
・12月のレッスン予約は25日22時~です。復会をご希望の方は25日15時までにチケット購入をお済ませ下さい。


最近チェックのクロスを敷く機会が多かったので。自然に器もカジュアル路線。
「このクロスも可愛いけれど、ちょっと飽きたね~ 」ということで。シンプルなクロスに敷き換えてのティータイム。ミントンのアンティークカップがズラリと並んで・・・気分一新。

真ん中の列のカップ以外はどの子も100年近い歳月を超しているカップなのですが。どの子も本当に美しく・・・惚れ惚れしてしまいます

昨日のBlogのお写真のように。カップだけの写真より、実際に紅茶が入った方がより器が輝くような気がするのは気のせい?カップをデザインされる方は、液体が注がれる図を想像してデザインをされるのかしら?

手仕事にこだわった作品が時代の流れと共に少なくなっていくこと。生産がアジアに移っていくこと。仕方ないと思っていても、美しい作品に出逢う度に、この技術が失われていってしまったんだな~と寂しい気持ちにも 紅茶もいつかはマシーンが淹れるようになってしまうのかもしれませんが。手間を掛ける時間に込められた愛情は失わずにいて欲しいなと思います。

201100825-108.jpg

洋食器だけでなく・・・現在様々なブランドの商品の生産は実際にはそのブランドの本拠地の国でされなくなっていることも増え。紅茶の流通もここ10年ほどで急速に変化しているように思います。原料はアジア圏、ブレンドはイギリス、実際にブレンド&パッキングするのは東欧圏など。

11月15日(火)19時~20時半の時間で、認定校の先生&スタッフ対象に「バーコードから読み解く紅茶の商品流通」のテーマで、自由が丘校の濱先生に講義して頂くことになりました。参加希望の方は10月末までにご連絡下さい。

当日の持ち物は、ここ1年以内に購入されたブレンド紅茶のパッケージです。アジア圏、西洋圏どちらでも構いませんが、可能でしたら組み合わせて4~5つほどご持参頂ければ学びになるかと思います。私も一緒に勉強させて頂きますね。濱先生、よろしくお願いいたします。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
sidetitleプロフィールsidetitle

碧@Cha Tea

Author:碧@Cha Tea
紅茶教室 
Cha Tea紅茶教室

監修本 
紅茶のすべてがわかる事典

※当ブログ内のすべての画像の無断転用はお断りいたします

sidetitle夢を叶えるための名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。