スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大航海時代の功績者たち

☆お教室からのお知らせ☆
12月28日~1月5日までサロンはお休みを頂いています。この間のご予約はメールのみで承っています。チケット代金のご入金確認もお休み明けになりますのでご了承下さい。


紅茶と切って切り離せない「大航海時代」、海を越えて遙々東洋まで来た勇敢な冒険者達。彼らの活躍がなければ、お茶が西洋に伝わるのももっともっと遅くなっていたことでしょう。

スパイス、陶磁器、そしてお茶。東洋の文化が西洋に与えた影響のなんて大きかったことか。ポルトガルはそんな大航海自体の先駆けの国。多くの冒険者達を見送り、そして迎え入れたベルンの塔。そして、冒険者達の功績をたたえた発見のモニュメント。

「大航海時代」の本が最近の愛読書でしたので(笑)、並んでいる冒険者達の名前もほとんどが知っている名前で・・・「あー、あの人も 」なんて大興奮。知らないで訪れるより、その人物の功績を知って見る方がやはり感動は大きいかなと思います。

201201-002.jpg

世界遺産のジェロモニス修道院に安置されている、インド航路開拓者のヴァスコダガマの棺。胡椒のお花がレリーフに使われていて、そのこだわりに拍手。ヴァスコダガマの似顔絵入りのアズレージョ(タイル)をお土産に購入してニヤニヤしている私は、かなり危ない感じでした

ちなみにとてつもなく巨大なこちらの修道院そのものが当時高価だった胡椒の税金でまかなわれたというのですから、スパイスがいかに貴重だったかが想像できるかとな思います。

紅茶の歴史に興味のある方はぜひ大航海時代の本、手に取ってみて下さい。

図説 大航海時代 (ふくろうの本/世界の歴史)図説 大航海時代 (ふくろうの本/世界の歴史)
(2008/09/19)
増田 義郎

商品詳細を見る

スパイス戦争―大航海時代の冒険者たちスパイス戦争―大航海時代の冒険者たち
(2000/11)
ジャイルズ ミルトン

商品詳細を見る

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
スポンサーサイト

コッツワールドさんの建築レポート

☆お教室からのお知らせ☆
12月28日~1月5日までサロンはお休みを頂いています。この間のご予約はメールのみで承っています。チケット代金のご入金確認もお休み明けになりますのでご了承下さい。


サロンを建築して下さったコッツワールドの小尾社長が、今更(笑)いえいえ、ありがたーい建築レポートを書いて下さいました。引っ越して1年と4ヶ月。施工中のことはもう何年も前のように感じますが、レポートを見ているととても懐かしくなり・・・

Part1 顔合わせ~基礎設計まで
打ち合わせは楽しかったな-。地鎮祭の時はとにかく花粉が酷くて。涙、涙・・・何も考えられませんでした(爆)でもスタッフも一緒の地鎮祭、楽しかったですよ。

Part2 英国建材の到着
本棚ドア、洗面台、看板などなど・・・たくさんの英国建材、どれも予想以上に大きくてちょっと驚きでした。アンティークタイルはオールミントンにこだわって。真夏の暑い中、あーだこーだ順番を決めて。おかげで素敵な階段ができました。

Part3 煉瓦&タイル施工
日本ではまだ施工例の少ない本物のイギリス製の煉瓦。積み方は名誉革命後の建物に多いフランス式に。立体感が出て満足。そして床のヴィクトリアン・フロアタイルは、旧岩崎邸のミントンタイルをモデルにデザインして貰いました。床下には美術館仕様のスコットランド製の床暖房も快適です。

Part4 内装・壁
オークパネリング、リンクラスタ、壁紙、ペンキ・・・様々な手法で壁がどんどん彩られていき・・・少しずつ部屋らしくなってきましたよ。床のイングリッシュ・オーク、ホテル顔負けの質感です。

Part5 玄関アプローチ
トワイニング本店の入り口からヒントを得たモザイクタイル、職人さん泣かせ・・・ありがとうございます。そして磁器を使っての玄関アプローチ。ロイヤルアルバート社の食器で施工して貰いました。雨の日がこれまた良いのです。

Part6 玄関ドア
玄関の横の窓からツリーが見える、設計図を見せて頂いた時に、思い出したのがロイヤルアルバート社の2002イヤープレート。ドアのデザインはこちらから頂き、ステンドグラスの一部をオリジナルに。お茶のお花と、一心二葉、紅茶教室らしい扉になりました。防火扉とは思えない可愛さ。お色はフォートナム&メイソンの壁の色に揃えて。こだわりすぎですかね(笑)?


あと1話で完結するのかな??皆様またのぞいて下さい。
私だけでなく、スタッフもみんなで楽しんだ半年の工事。たくさんの人が入れ替わり立ち替わり見に行くものだから、大工さんも「誰が施主さん 」混乱していましたね(笑)今となっては何もかもが懐かしい。

コッツさん素敵なお家をありがとうございます。あれこれのハプニングも含めて?!今後ともよろしくね(笑)


追伸
こちらは無事ポルトガルに到着、マニアックな旅をスタートさせています。泊まっているホテルのアズレージョ(タイル)が素晴らしく、こんなタイルの使い方もあるのね・・・と感動しています。

201201-001.jpg

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

紅茶スパイ ロバートフォーチュン

☆お教室からのお知らせ☆
12月28日~1月5日までサロンはお休みを頂いています。この間のご予約はメールのみで承っています。チケット代金のご入金確認もお休み明けになりますのでご了承下さい。


クリスマスに届いた1冊の本。その名も「紅茶スパイ」うちの夫は「紅茶とスパイス 」と勘違いしていましたが、言わずと知れたプラントハンターの物語です。

紅茶を知って、植物狩人なるプラントハンターという職業があることをはじめて知りました。18世紀~20世紀前半にかけて・・・未知の国に出向き、国益になる植物の採取を命じられていたプラントハンター。インドのダージリン地区に植樹されたお茶も、実はプラントハンターが命がけで採取した苗木から始まったのです。

201101104-094.jpg

植物の専門家であり、冒険家であるプラントハンター・・・アヘン戦争後の中国に東インド会社の密命で潜入した「ロバート・フォーチュン」紅茶とスパイは彼の活躍を追ったマニアックな1冊。

武夷、杭州、上海、イギリスのキューガーデン、インドのダージリン・・・行ったことのある地名が出てくる旅に、テンションが上がり・・・たまりません~ 一気に読破。大満足です。

ロバート・フォーチュンの一生について、熱く熱く夫に語ってしまいました。そんな冒険家フォーチュンが、日本にも来日し、幕末の日本でサロン近くの団子坂を歩いたこと・・・マスタークラスで生徒様にも熱く語ってしまったことがありましたね(^^ゞ

プラントハンターが得意としたボタニカルアート・・・興味が興味をよんで。最近はボタニカルアートを見るのも大好きに。ロバートフォーチュンの冒険談、冬休み、ぜひぜひ手に取ってみて下さい。歴史好きの方にはお勧めの分野です。

紅茶スパイ: 英国人プラントハンター中国をゆく紅茶スパイ: 英国人プラントハンター中国をゆく
(2011/12/21)
サラ ローズ

商品詳細を見る

プラントハンター (講談社学術文庫)プラントハンター (講談社学術文庫)
(2005/11/11)
白幡 洋三郎

商品詳細を見る

幕末日本探訪記 (講談社学術文庫)幕末日本探訪記 (講談社学術文庫)
(1997/12/10)
ロバート・フォーチュン

商品詳細を見る

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

年内のレッスンが無事終了しました

今年のレッスンも無事終了。この1年で開催したレギュラーレッスンは 610 レッスン。体験レッスンを合わせると 700 レッスン。参加して下さった生徒様の数のべ3500名、外部レッスンも入れると更に。お仕事とはいえ、数にするとすごい~ 本当に1年たくさん参加して頂き、ありがとうございました。

昨年の2月はマイセンの300周年の記念展に合わせて、マイセンについてたくさん勉強しました。
震災後はチャリティーレッスンへのたくさんのご参加を頂き・・・勇気をもらいました。

4月にはロイヤルウェディング をみんなでお祝いして。
夏にはウェッジウッドについてかなり奥深く学び・・・仕上げにジャスパーウェアのお茶会を。

201101104-092.jpg

雲南、スリランカ、マレーシア、原産地の最新情報もたくさんお伝えできたことは嬉しかったな。
クリスマスのアドベント期間も昨年以上に大切に過ごせた2011年。
今年は英国菓子もたくさん食べて頂きました

ティアドロップさんによる夏のアンティークのイベント、キラキラの銀器にサロンが輝きました。
秋のスコットランドのイベントでは昨年に引き続き、作家の奥田さんに楽しいトークをお願いし。
そして今年は宿屋さん、リステランテ濱崎とみなさんと美味しいものづくしも楽しみましたね。

皆さんのご協力でとても良い教室活動ができたことに感謝

201101104-093.jpg

さて、本日から5日までサロンは冬休みを頂きます。お休み中はネットショップの発送、お電話での予約受付はできません。新年は6日からスタートです。

私はこれからトランクを出して旅支度。ポルトガルに旅立ちます。なぜポルトガルという方も多いかもしれませんが、英国紅茶の原点は、オランダやポルトガルにあるのです。一昨年オランダを旅して、その原点に触れとても感動し、次はポルトガルと決めていました。今回の旅はキャサリン・オブ・ブラガンザのお墓参りも目的の1つ。偉大なる英国紅茶の始祖にご挨拶してこようと思います。

ポルトガルからもブログは更新しますので、お休み中ものぞいて下さいね(^^)

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

Twinkle, Twinkle, Little リリパットレーンのお家

マスタークラス「British House 」の教材にさせていただくリリパットレーンさんのお家はどの子もイギリスに実際に実在するお家。

「あなたのお家をフィギュアにしたい」なんて申し出があったら・・・みんな大喜びなんだろうな・・・どんな風にお誘いが来るのかしら?電話?メール?きっとご家族で手を取り合って大興奮よね・・・なんて、余計な妄想が膨らんでしまう私やスタッフです。

私が一目惚れしたお家は左上の写真の煉瓦造りの小さなお家。サロンととても似ている雰囲気です。こちらのお家には、「Twinkle, Twinkle, Little」という名前がついていました。

201101104-076.jpg

リリパットレーンの取扱店の店員さんに我が家にとてもよく似ていて・・・とお話ししたら。18世紀に建築され、キラキラ星の英語で最初の歌詞を考案したテイラー姉妹がお住まいだったと親切にメールで教えて下さいました。そんな素敵な方が住んでいたお家に似ている!と思うと、ますます我が家が可愛くなります

お隣の無骨な石造りのお家もかっこいいですし、右端のチューダー様式の建物も捨てがたい。資料を作りながら、ニヤニヤ。早く皆様のお気に入りのお家を伺いたいな~と来月が待ち遠しい私です。

昨日は、コッツワールドの事務所で、小尾社長にこちらの資料を元に、あれこれレクチャーを受けてきましたよ。貴重な時間をありがとうございました。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

小さな幸せに感謝したクリスマス

クリスマスに家族と、そして大切な人と集えること。当たり前に思っていたことが当たり前で亡くなる可能性が身近にあること・・・小さな幸せに感謝しながらのクリスマス・イヴ。

えりちゃんが、余興でドリカムの「LOVE LOVE LOVE」をヴァイオリンで弾いてくれました。人と人との絆の大切さを強く感じた1年。来年は少しでも世の中にとって幸せなことが増えますように・・・

201101104-090.jpg

お酒をたくさん飲んでも・・・Cha Tea らしく、パーティーの最後は必ず甘いケーキでしめ。リヨンさん特製のブッシュドノエルに、りつえ先生のクリスマスケーキ。どちらも美味しく頂きました。残念ながらクリスマスプディングまではお腹が回らず・・・こちらはお仕事の締め日に頂くことに。

クリスマス当日は夫と2人でしたが、私は慌てて美容院に駆け込み、夫は帳簿漬けに追われ・・・夕方に顔を合わせて「はぁー」なんて(笑)

201101104-091.jpg

12月23日で、結婚11年目を迎えたのですが、私の仕事の特性上、記念日を2人でお祝いすることは皆無でしたが、今年は数年ぶりにクリスマス当日にレッスンがなったため、夕食は日本酒で乾杯しました。ポルトガルではのんびりしましょう~

さて、本日、明日とワクワクする打ち合わせが続き・・・まだまだテンションが上がりそうな今年。最後のレッスンまで楽しく過ごしましょう。

たくさんのクリスマスカード・・・届いています。優しい気持ちをありがとうございます。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

Merry Christmas !!

皆様、Merry Christmas!!
サロンの週末レッスンは昨日で一段落。週末はリヨンさん特製のブッシュドノエルを食べて頂きました。1年で1番パティスリーが忙しい連休・・・無理を承知お菓子をお願いしたところ・・・ピンポーンのチャイムで現れたのは、お菓子研究家の猫井さん。いつもは厨房の方が配送下さるのですが、さすがに手が空かないとのことで

「僕が1番手が開いていたので~」と。恐れ入ります(汗)更に更に。「ポルトガルでお勧めのお菓子のお店」のリストも。有り難や~。もちろんそのまま??ポルトガル談義&スイーツ談義・・・お引き留めしてすみません。また新年改めて♪

週末はファーストレッスンもあったのですが、参加者5名様、全員がご入会。1月からまた大賑わいになりそうです♪「美味しい、綺麗、楽しい」前向き発言でプラスパワーで新年を迎えましょう!!!!来月からどうぞよろしくお願いいたします。

201101104-089.jpg

そしてレッスンの後は・・・スタッフとその家族が大集合して。クリスマス会 でした。今年は夫のフットサル仲間も参加してくれて、更に楽しい。

今年の目玉はターキー。重さ3.5キロ。こんなに大きなターキーは私もはじめて。興奮してしまいました。たまえ先生のダンナ様が上手に切り分けてくれましたよ。

そしてワイン好き のスタッフ達。あれこれと差し入れがあり。何度乾杯したことかしら。りつえ先生の英国伝統料理、コテージパイ、クリスマスケーキ、美恵ちゃんお得意の紅茶を使った野菜のピクルス。今年もみんな仲良く過ごせたことに乾杯♪

お仕事はまだ数日続きますが、全員で集まるのは今年最後。また来年よろしくお願いします。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

たくさんのメリークリスマスに感謝

第2サロン「英国の部屋」のカーテンコーディネートのため上京頂いたAvenueさん。せっかくなので、ぜひぜひクリスマスの英国の家も見て欲しい!と打ち合わせの後、サロンに移動。

大きなクリスマスツリー 感激して頂きました♪1階も、2階もたーくさん写真を撮って下さり、嬉しかったです。きちんと見て頂くのは、昨年の秋以来?
来月はカーテンの取り付けもあるので。ツリーがなくなって少しすっきりしたサロンの雰囲気もぜひ見て欲しいなと思います。

201101104-086.jpg

お昼代わりに、甘い菓子パンでティータイム。シュトーレンは生徒様の手作り。「一週間寝かせてから食べて下さいね 」の言葉通り。お味が馴染んで、とても美味しい仕上がりになっていました。もちろん合わせたのはスパイスTeaですよ~。K様、ご馳走様でした。

そして下のお写真は、生徒様から送って頂いたもの。今年サロンに通い出した生徒様、「自宅で過ごす時間が本当に快適になって、無駄な外出がずいぶん減りました」なんて写真と共に嬉しいメールを下さいました。

201101104-087.jpg

ご自宅でお客様と一緒のティータイムのお写真、ゲストとして呼ばれたら嬉しいだろうな~ と想像を膨らませてしまいます。

サロンからお嫁入りしたクィーンアンの肖像画はフォートナム&メイソンの紅茶缶と一緒に飾って下さり・・・マニアにはたまらないコーナーができていましたよ。(フォートナム&メイソンの創設者のお一人はアン女王のフットマンでした)ちなみに紅茶缶の前に置いてあるキャンドルは蜜蝋♪ こちらのフォートナム&メイソンの創業時のエピソードと深い関わりが。こだわりを感じます。

201101104-088.jpg

クリスマスカードを下さった生徒様もたくさん・・・本当にありがとうございました。

レッスンで得た知識きっかけになり、旅に出たというご報告、新しい分野に興味を持たれたというご報告など・・・私やスタッフも皆様のお手紙で元気を頂いています。

学んだ知識でほんの少しでも日常生活が豊かなったと感じて頂けること、これこそが講師に対するご褒美。私たちも小さな感激を糧に、日々精進したいと思います。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

2012年2月のレッスンスケジュール

★新茶入荷のお知らせ★
お待たせしていたダージリン・オータムナル到着しています。キャッスルトン茶園DJ420です。ネット販売の最終配送日は12月27日です。27日15時以降のご注文は1月6日以降の発送となります。お急ぎの方はお早めにご注文下さい。


2012年2月のレッスン予約を開始いたします。
昨日お知らせしましたとおり、2月からは今のサロン「英国の家」+新しい「英国の部屋」でのダブル稼働となります。お申し込みの際は、どちらのサロンのレッスンか、ご確認をお願いいたします。

英国の部屋=第2サロンの詳しい場所については、1月の下旬にお申し込みの生徒様にお知らせいたします。日暮里、西日暮里駅共に、今のサロンと反対側の出口に出ていただき、日暮里からは左手、西日暮里からは右手各徒歩5分ほどの位置になります。

201101104-084.jpg

第2サロン「英国の部屋」のオープニング記念イベントは「チョコレート・アフタヌーンティー」♪この時期ならでは、チョコレートづくしのアフタヌーンティーを楽しんで頂こうと思っています。

こちらの講座はイベントです。推奨講座アドバンスド「紅茶とチョコのペアリング」を受講済みの生徒様であればどなたでも参加できます。アドバンスドクラスから一歩応用に進み、チョコレートに合う紅茶のブレンドティーのセレクトをしていただく予定。実習あり、わいわいがやがやと盛り上げていただければ嬉しいです

201101104-081.jpg

そして後半はいつものサロン「英国の家」でのマスタークラスを。テーマは「グラスの基本」、イベントでは何度か取り上げて来ましたが、落ち着いてきちんと勉強する機会がなかなか持てなかったグラス。基礎をしっかり押さえていきたいと思います。

洋食器の基礎を知り、食器を選ぶ楽しみが増えたように。グラスも基本を知ると世界が広がります。この機会に、ヨーロッパの代表的なグラスブランドの特徴をマスターしましょう。

冬の凛とした空気とグラス・・・美しいグラスの煌めきに酔いしれましょう

201101104-085.jpg

もう1つ、マスタークラスリバイバル編としてご紹介するのが「ロイヤルコペンハーゲン」、こちらはアドバンスドクラス「洋食器」受講済みの生徒様が対象です。私の中では冬のイメージがとても強いロイヤルコペンハーゲン社、こちらの講座は毎年冬限定で開催しています。

ブルーフルーテッドの美しいコバルトに込められた想い、世界三大ディナーサービスの1つフローラダニカのこだわり、イヤープレート誕生のエピソード。ブランドの歴史を知ることで、ますますロイヤルコペンハーゲン社の食器に魅せられることでしょう こちらの講座は新しい「英国の部屋」で開催予定。ご注意下さい。

お申し込みの際は、推奨講座の受講の有無、チケットの残数(現在ご予約の講座も含めて)を必ずご確認下さい。ご協力よろしくお願い致します。「英国の家」と共に新しい「英国の部屋」もどうぞよろしくお願いいたします。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

2月「英国の部屋」がオープンします

☆お教室からのお知らせ☆
2012年2月のレッスン予約は12月22日(木)19時より開始致します。現在休会中で復会をご希望の方は22日15時までにチケット購入をお済ませ下さい。次回は1月6日以降の受付です。

なお、12月28日~1月6日までは冬休みを頂くため、お電話でのご予約は受けられません。電話予約をご希望の生徒様は、27日までにご連絡下さい。


所は日暮里。JRの線路を挟んで見えるのは・・・分かりますか?イングリッシュブリックに覆われた赤レンガのサロンです。チムニーポットもよーく見える好立地。

さて、このお写真、どこから撮影したものでしょう・・・???
撮影場所はサロンと線路を挟んで反対側に建つ、とあるマンションの9階のベランダ。商業施設でも、お友達の家ではありませんよ~。

実は・・・2月からオープンする第2サロンのベランダからの景色なんです。動き出していたプロジェクト・・・♪ 第2サロン計画だったのです。

201101104-074.jpg

英国の家に越してきて1年少し。予想以上にたくさんの方が通って下さり・・・スケジュールもかなりタイト。もう少しご予約が取りやすくなれば良いな、お急ぎの生徒様が1日で数コマ連続して通って頂ければ良いな・・・あれこれ考えた結果、マレーシア旅行中にそうだそうだ・・・ と思いついたのが第2サロン計画。

そこからは怒濤。物件探し、内覧、契約、内装の相談、建材の発注!!!思いつきから契約完了まで2週間というところがCha Tea らしい? スタッフは大わらわ(笑)

「英国の家」に対し、第2サロンは賃貸マンションを利用した「秘密の英国の部屋」にしたい。賃貸だから・・・ではなく、賃貸でもできることを前向きに考えよう!!!今のサロンと異なる、より身近に感じられる英国を、ワクワク感を演出しよう。

201101104-073.jpg

頼みの綱はもちろん、コッツワールドさん♪「小尾ちゃ~ん、物件借りちゃったよ~」飛んできてもらいました。

そして本日、カーテンの打ち合わせが無事終了、もちろんカーテンはサロンと同じAvenueさんにプロデュースをお願いしました。甲府からわざわざ出てきてくれたAvenueさん、さあ、どんなカーテンが演出されるのか、ドキドキワクワクです。内装工事は1月下旬・・・後は楽しみに待つばかり。

秘密の「英国の部屋」2月にオープンです。
オープニングパーティーは、イベントとして行う予定です。その後は一部のマスタークラス、アドバンスドクラスで利用予定。第1サロンで午前中レッスンを受けて、午後は第2サロンへも可能です(英国の部屋は、日暮里、西日暮里から徒歩5分程。今のサロンからの移動は徒歩10分位です)。

本日19時発表の2月のスケジュールでオープニングイベントも募集開始します。楽しみにお待ち下さいませ~!それでは19時にまた!

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
sidetitleプロフィールsidetitle

碧@Cha Tea

Author:碧@Cha Tea
紅茶教室 
Cha Tea紅茶教室

監修本 
紅茶のすべてがわかる事典

※当ブログ内のすべての画像の無断転用はお断りいたします

sidetitle夢を叶えるための名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。