スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16時からのレッスン

強風と雨により、電車の乱れが激しいようです。

本日のキャンセルに関しては、お電話メールでご連絡頂いた方に関しては、お代は必要ありませんので、安全に気をつけて、ご自身の判断でいらして頂ければ幸いです。

遅刻するけれど参加したいという方は、どのくらい遅れそうかお電話頂けると助かります。

時間通り来られる方も居るようなので、レッスンは通常通り開催していますね。
どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

サロンをご紹介頂きました♪

★お教室からのお知らせ★
ダージリン・ファーストフラッシュ、第1便が届きました。毎年恒例ジュンパナ茶園DJ1今年も無事入荷致しました。本日より、サロン&ネットで販売開始致します。よろしくお願いいたします。
ネットショップからのご注文はこちら

20120105-131.jpg


春は新規の生徒様も増える季節♪
なんて言われていますが(^^;)Cha Tea の入校生は実は通年通して平均的。「新年に新しいこと」「春には習い事」なんて時代は変わったのかしら??まあ何はともあれ、本校だけでなく認定校にもコンスタントに生徒様がご入校され・・・本当に有り難い限りです。

入校シーズンとは何の関係もないのですが、第1サロン、第2サロン共に、偶然にもご紹介を頂く機会に恵まれました。

まずは第1サロン。上のお写真3枚は第1サロンです。
2月に取材に来て頂いたインテリア雑誌「Bon Chic」の最新号に掲載されました。驚くほどゴージャスなお家が多い誌面の中・・・こんなに小さなお家が載っても良いのかしら。。。とスタッフ一同、やや、いやとても不安
「谷中に素敵なお教室があるらしいですよ」との、読者の方からのご推薦だったとお聞きし・・・お会いしたことのないどなたかに、大感謝。有り難いことです。

20120105-124.jpg

そして第2サロン。下の写真が第2サロンです。
第2サロンのリフォームを担当してくれたコッツワールドさんのブログでご紹介頂きました。Before→After、すっかり現状になれてしまった第2サロンですが、施工前の写真を見るとこんな感じだったのね・・・と懐かしい。

賃貸マンションの一室が「私たちらしい部屋」になった喜びを実感します。私は別件の仕事でご一緒できなかったのですが、昨日は第2サロンにティアドロップのオーナー由実さんが遊びに来てくれたとのこと。次はぜひ一緒にお茶を。

そういえば・・・ここ1週間、ドタバタしていて第2サロンに足を踏み入れていません(爆)お掃除大丈夫かしら。。。日曜日からのマスタークラス「紅茶とチーズ」会場は第2サロンなのでお間違いないように。こちらの講座なんとテイスティングして頂くチーズが7種類。どうぞお楽しみに。


BonChic VOL.6―優雅さと洗練と。アンティークの魅力を暮らしに (別冊PLUS1 LIVING)BonChic VOL.6―優雅さと洗練と。アンティークの魅力を暮らしに (別冊PLUS1 LIVING)
(2012/03/29)
主婦の友社

商品詳細を見る

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

陶花がお嫁に来ました~♪

エインズレイのイベントから気付けば一ヶ月近く・・・エインズレイ社のホームページに イベントの様子がレポート されたとのお知らせを頂きました。

イベント参加者の方の優待のご注文の〆切りが4月3日と迫っています。私は既にオーダー済み♪写真の右の子が2つお嫁に来ました。

エリザベスローズの「」サイズ。サロンに今まであった「小」サイズは実スタッフの美恵ちゃんの私物。一度お借りしたら可愛くて ・・・随分長い間サロンに飾らせてもらっていました。

そして今回美恵ちゃんと2人で購入したのが「ハワードスプレイ フッテドボウルフラワー」イベントの際、1階の窓辺に少し高さをつけて飾っていた陶花です。

色々なお花 が入っているので、1つでテーブルがぐっと華やかになります。10周年のイベントのティーテーブルには美恵ちゃんのものと2つ並べて飾ってみました。青・黄色・ピンク・・・お色がカラフルなのがお気に入り。

20120105-130.jpg

よしこ先生はバイオレットシリーズのアイテムを検討中とのこと。薔薇好きのたまえ先生はやはりエリザベスローズ狙い・・・とスタッフでも欲しいものが分かれるのが面白いところ。
〆切り直前で慌てないように(笑)、ご注文される方は計画的にお願いします~。

それにしても。あの夢のようなイベントからもう一ヶ月と思うと・・・月日が流れるのは早い
忘れっぽい私のモットーは、「感即動」、いいなと思ったことはためらわず即生活に取り入れる!!!すぐに行動すれば、取り入れたことはあっという間に日常になる気がします。

今月からレッスンにいらした生徒様。「昨年1年分以上の紅茶を今月で飲んでいる気がします。紅茶を飲んでいない生活が思い出せない~ 」あっという間に日常ですね。嬉しいことです。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

10周年のお祝い会

お教室10年を記念してスタッフと打ち上げ。第1サロンでレッスン後、第2サロンに集合。私はレッスンの担当だったので、準備のお手伝いができず。せめて何か持参しようと相談したら。「今回は手ぶらできてね 」とたまえ先生に念を押され???

第2サロンに着いてみてビックリ~。スタッフも家族も大集合。そしてシフトでないスタッフが協力してお祝いのテーブル を作ってくれていました。トードインザホールプディングの上に、「10」のロウソク。すごーい!!!お誕生日でもないのに、ロウソクを消させてもらいました。プディングはりつえ先生の手作り、美味しかったですよ~。

20120105-111.jpg

そしてそして10年の記念に・・・スタッフみんなからサプライズのプレゼント。以前からずっとずっと欲しかったロブマイヤー社のブルゴーニュのワイングラスを2客。それだけでも嬉しいのに・・・なんとこのグラス、オリジナルの彫刻が!!!!

グラスのボウルの部分に、ティーポット、そしてその中にはお茶のお花の絵が この絵は、スタッフのえりちゃんが描いてくれたものだそうです。そしてグラスの足元には、10周年のに記念の文字が。きゃぁー!!!もう大興奮です。聞けば、ロブマイヤー社の方とスタッフが私に内緒で打ち合わせを重ねて製作してくれたのだとか。

20120105-110.jpg

たまえ先生のダンナ様が探してくれた2002年のヴィンテージのワインをグラスに注いでもらい・・・感無量 10年、短いようで長かった月日。スタッフとのお付き合いも随分長くなりました。今ではその家族も含めてCha Tea の一員と思っています。

基本私は毎日サロンにいるので、スタッフ曰く、私に気付かれないようにサプライズパーティーを企画するのは本当に大変だったとか(汗)協力頂いたロブマイヤーの皆々様にも感謝です。

落ち込んだ時は、このグラスに美味しい紅茶やワインを注いで。次の節目に向けて頑張りたいと思います。本当に、本当にありがとう~

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

2012年5月のレッスンスケジュール

本日より、5月のご予約を開始します。お申し込みの際は、推奨講座の受講の有無、チケットの残数(現在ご予約の講座も含めて)を必ずご確認下さい。ご協力よろしくお願い致します。また第1サロン、第2サロンの確認もお願いいたしますね。

新規マスタークラスは2本、前半は「ビートン夫人の家政本」、ベーシッククラス「ティーパーティーの開き方」で、ヴィクトリア朝の女性たちに大きな影響を与えたカリスマ的主婦イザベラ・メアリ・ビートンをご紹介していますが、覚えているでしょうか?

紅茶を学んでいると、様々な書籍の中に登場してくるMrs.ビートン。彼女の執筆した「Mrs. Beeton's Book of Household Management」は、現在でも英国で絶大なる支持を集めています。

20120105-125.jpg

Mrs.ビートン夫人の本の中には、もちろん紅茶の淹れ方も登場します。当時の紅茶の淹れ方、中産階級者の女性たちが夢中になったスイーツのレシピを、貴重なアンティークの資料と共にご紹介します。もちろんティータイムも当時のレシピで。こちらの講座は、アドバンスドクラス12講座以上修得済みの生徒様を対象としていますのでお申込の際はご確認下さいね。

そして後半はエリザベスⅡ世の即位60周年をお祝いする「エリザベスⅡ世 Diamond Jubilee」、ヴィクトリア女王以来、はじめて即位60周年を向かえる英国王エリザベス2世。英国では6月の初めに、国を挙げての記念行事が開催されます

20120105-126.jpg

女王の記念年に合わせて、英国の紅茶メーカーからもお祝いのブレンドティーが続々発売されています。英国から取り寄せた祝賀グッズがサロンを彩ります。ユニオンジャック でいっぱいになったサロンで、一足早く、DiamondJubileeをお祝いしましょう。

記念のティータオル、そしてヴィクトリア女王の貴重なジュビリーの記念陶磁器もお見せいたします。英国好き必須の講座です♪

GW中には、「紅茶活用術2012~食編」も追加されています。茶液、茶殻・・・お茶を使ったお料理をご紹介する新規講座。キームン、キャンディ、ダージリン、ラプサンスーチョン・・・お茶を使った和定食!お茶を食べる国の文化と共に、お楽しみ下さい。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

「本物」を教えてくれた方々

★教室からのお知らせ★
5月のレッスン予約は本日22時から開始予定です。復会をご希望の生徒様は、本日午前中までにチケット購入をお済ませ下さい。次のお手続きは4月3日以降とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


ここ数日間、本当に幸せな毎日でした。朝起きて階下に降りると、美しい太陽に光にイベント用にご用意したアンティークの食器が美しく輝き・・・それは本当に綺麗で。

イベントでは、1900年に製作されたコールドンのティーセット、1860年代のティーポット、1880年代の白蝶貝のカトラリー、乾杯用のグラスにはアンティークバカラ、そしてテーブルの装花にはエインズレイ社の陶花。アフタヌーンティーの全盛期、ヴィクトリア朝時代にこだわって、当時をイメージしたティータイムを楽しんで頂きました。

紅茶を通してアンティーク茶器に出逢い、物に対して「美しい」と感じる機会が増えたように思います。今回のイベントを通して、教室の10年の歩みの中で、本当に有り難いことに「本物」に触れる機会に多く恵まれた10年だったなと改めて気付きました。

20120105-123.jpg

アンティークの「ア」の時も知らなかった私に、手仕事の素晴らしさを教えてくれたのは、7年前に生徒様として出会ったティアドロップのオーナーの由美さん。アンティークの世界は全くの初心者の私に、私物の銀器を惜しみなく使わせて下さったり、お教室でアンティークの勉強会の講師を担当して下さったり。由美さんの師匠にあたる、学芸大学のティータイムの工藤さんにも、アンティークシルバーの魅力をたくさん教えて頂きました。

使うことにより、本物の力に圧倒され・・・ステンレスのフォークしか口に入れたことのなかった私に、純銀の世界が開かれ・・・その感動を皆様にもお裾分けしたいと、お教室のでカトラリーも今ではアンティークシルバーが主流に。

そして手仕事の継承された陶磁器、グラスの魅力を教えてくれたのは、現在ロブマイヤーにお勤めの天野さんでした。アウガルテンの営業マンをされていた天野さんとの出逢いもやはり7年ほど前。その素地の薄さ、飲み口の柔らかさに、心から感動をし、サロンでもアウガルテンの魅力をお伝えするようになりました。

20120105-118.jpg

天野さんが、グラスブランドのモーゼル、そしてロブマイヤーと職場を異動される度に、私たちも新たな知識を得る機会に恵まれ。気付けば陶磁器だけでなくグラスにもこだわりが生まれてきました。

私が英国インテリアの虜になったきっかけの英国家具の麻布武市さん、そしてグラスにまでこだわる素晴らしいソムリエの方にとの出逢いを仲介して下さったのも、天野さんでした。天野さんと出会わなかったら、Cha Tea は今頃どうなっていたのかしら

イベントに参加して下さった生徒様が「こんなに本物を使わせてくれる場所は、他にない」と本当に喜んで下さったこと・・・とてもとても嬉しく。私と同じくスタートは知識がゼロの生徒様にも、何年か後に「本物の力」が伝われば嬉しいなと思っています。

さて、5月のレッスン予約も本日からスタート予定。22時にまたこちらのブログでお目にかかりましょう♪

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

ありがとうございました

★教室からのお知らせ★
5月のレッスン予約は4月27日(火)22時から開始予定です。復会をご希望の生徒様は、27日(火)午前中までにチケット購入をお済ませ下さい。次のお手続きは4月3日以降とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


たくさんの「おめでとう」を頂いた一週間、10年という節目の年に、こうして皆様とお茶を楽しめていること、その偶然に感謝しています。
こんなにお花に囲まれて過ごしたのは結婚式以来でしょうか。サロンの1階も2階もお祝いに頂いたたくさんのお花に埋め尽くされ・・・まるでお花畑 幸せな空間をありがとうございます。

そしてグルメな皆様からの美味しい差し入れもたくさん。お一人お一人のこだわりのお店の味、堪能させて頂いています。お心遣い本当にありがとうございました。

20120105-122.jpg

写真にはとてものせきれないくらいたくさんの真心を頂いています。手編みのレース、手作りのシュガーアート、スイーツ、飲み助の私たちにと、美味しいワインもたくさん・・・♪

お教室がここまで大きくなったのも、レッスンに参加して下さっている皆様がいてこそ。
Cha Tea大好きです!!!11周年ももちろん、ずーっと先生について行くのでよろしくです」こんな嬉しいメールに恥じないように、少しでも喜んで頂けることが増えるように。スタッフ一同精進して参りますね。

本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

嬉しいバースデーカード

★教室からのお知らせ★
5月のレッスン予約は4月27日(火)22時から開始予定です。復会をご希望の生徒様は、27日(火)午前中までにチケット購入をお済ませ下さい。次のお手続きは4月3日以降とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


とてもとても嬉しいお手紙 を頂きました。
10年前、まだ自宅で1人でお教室を始めてすぐにいらして下さった3名の生徒様。

美味しいものが大好きなMさん、Tちゃん、Yちゃん。
それぞれが私とインターネットを通じて知り合い、縁があって我が家まで来て下さり、押上の自宅サロン、浦安のレンタルサロン、押上の賃貸マンションサロン、浅草のサロン・・・と長く紅茶を楽しんで下さいました。

初期の頃、たまたま参加する時間帯が重なった3名はお教室を通じて、仲良くなって下さり。とーっても良い雰囲気を作ってくれました。

20120105-119.jpg

教室で実った友情はその後も変わりなく続いているとのことで。なんと3名それぞれのメッセージが書かれたカードがサロンに届きました。何てサプライズ メッセージを読んでいたら、押上の自宅サロン時代を思い出し・・・あー、懐かしい。そして嬉しい。

自宅サロン、レンタルスペース時代・・・お教室の規模が大きくなるにつれ、1人1人の生徒様と蜜に付き合うことは難しくなってきましたが、それでも人との出逢いは何にも勝る感動を与えてくれることを実感しています。

20120105-120.jpg

「Cha Tea で紅茶に出逢ったんだよ」そう自信を持って言って頂けるように・・・。ゆっくりですが前に進んで行けたらと思います。Mさん、Tちゃん、Yちゃん、本当にありがとう。3人から貰ったたくさんのパワー、今でもお教室の糧となっています。

この日のティータイムは生徒様から頂いたお祝いのお菓子で。奈良から駆けつけてくれたNさん、この日が卒業だったKさん、Cha Tea のお誕生日が東インド会社設立の1日前だったんですね・・・とマニアックなメールを下さったAさん♪ 桜をモチーフにしたミントンの食器で頂くお茶は、皆様の愛情がたっぷり。本当にありがとうございました

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

サロンがミニチュアに!!!!

生徒様のO様から、素晴らしい贈り物を頂きました!!!シュガーで作ったサロンです!!!
2月の頭にO様から「シュガーアートでサロンを作りたいのですが・・・」とのメールが。日本シュガーアート協会の2011年のコンテストでグランプリ をとられたO様。「こんな感じで作っているんです」と送って頂いたシンデレラ城のシュガーアートの作品がとても可愛くて。

もちろん大歓迎です~!!!!!と即答。レッスンの際にたくさんサロンの写真を撮って下さり。私たちからは普段は見えない屋根の部分や、煙突の上のチムニーポットのお写真をお渡しして。

20120105-115.jpg

どんな感じに出来上がるのかしら・・・とワクワクしていたら。なんと10周年のイベントに合わせて、ご持参下さいました。居合わせた生徒様一同「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ 」大絶叫。

サロンがそのままミニチュアに。長い、短い・・・こだわって職人さんに貼って頂いたレンガ、レンガを固定する白いクオインと呼ばれる石の数、煙突の上の2本のチムニーポット、屋根の瓦まで現物にそっくり。正面だけで(T.T)、お家の側面まで完璧な再現・・・言葉が出ないくらいの感動

20120105-116.jpg

玄関扉のお茶のお花を描いたステンドグラス、飾っていた赤いリース、いつも玄関前に置いているお教室のパンフ、そして窓辺に飾ってあったビッグベン、英国製のフラワーバルコニーまで丁寧に再現されています。

2階の窓からは、いつも置いているハロッズのクマちゃん も顔を出して・・・可愛すぎます。台の部分のカラフルな三角形の飾りは、玄関前に埋め込んであるロイヤルアルバートの磁器をイメージして作って下さったとのこと。繊細に作られた春のお花がサロンを囲み・・・なんて幸せな空間!!

20120105-117.jpg

帰宅した夫も、いつなく大興奮。「すごい、そっくりだね~」と、たくさん写真を撮っていました。サロンを建築して下さったコッツワールドの皆様にもこれはぜひ見て欲しい!!!

10年の節目の年に、こんなに嬉しい贈り物 をいただけるとは・・・。O様本当にありがとうございました。愛情が籠もったシュガーのお家、大切に大切にさせいただきます。

お家はサロンに飾っていますので、レッスンにいらした皆様ぜひ実物を見て下さい。その細かさに感動して頂けるはずです

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/

出版準備も進んでいます

イベントの合間をぬい、怒濤の原稿チェックが始まっています。ふくろうの本は、歴史書とも捉えられると言うことで。他の本よりも厳しい「校閲」があると聞いてはいたのですが。はじめての経験なので、さてどんなものだろう??と。

原稿が来る前日に編集長さんが「ふくろうの本の校閲はかなり厳しいので、大学の先生でもショックを受けることが多いのですが、普通のことですので、驚かなくて良いですからね 」とにーっこり言われていたのですが・・・確かにすごいです。

20120105-113.jpg

編集を担当して下さっている奥田実紀さんからもこんなメールが。

「校閲さんのチェックを受け取りました。はあ~~~さすが~~~(@ @) 
すごいものです、恐れ入りましたという感じです」


本を何冊も執筆されている奥田さんでもビックリされるふくろうの本の校閲。でもその厳しいチェックがあるからこそ、長く手元に置いて頂ける本になるのでは・・・と前向きに。そして、とにかく私たちは他の本の経験が少ないので、「最初が厳しくて良かったね」と素直に受け止めて。

20120105-114.jpg

しかし、軽く1章をチェックするのに1時間ではとても足りず・・・何度も何度も読み返さなくてはいけないことを考えると、日曜日までに終わるのかしら。。。

癒やしの時間はやはりティータイム。お祝いに・・・と生徒様から頂いた白妙のチーズケーキと、生徒様の娘さんの手作りパウンドケーキ♪ 愛情たっぷりのスイーツ、大好きなマイセンの器・・・元気がわき出てきます!!!お心遣いありがとうございます。

今日のブログにはのせられないのですが、サロンは今お花でいっぱい 本当に幸せな時間を過ごさせて頂いています。本日お会いします皆様もお腹をすかせていらして下さい。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
sidetitleプロフィールsidetitle

碧@Cha Tea

Author:碧@Cha Tea
紅茶教室 
Cha Tea紅茶教室

監修本 
紅茶のすべてがわかる事典

※当ブログ内のすべての画像の無断転用はお断りいたします

sidetitle夢を叶えるための名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。