FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史との接点 ティーボウル

★お教室からのお知らせ★
8月のレッスン予約は25日10時~スタートする予定です。現在休会中の生徒様で復会をご希望の方は24日15時までにチケット購入をお済ませ下さい。次の受付は7月1日以降になります。
また、お申し込みはお持ちのチケット枚数のみしか承れませんので、現在通学中の生徒様は、残りのチケット数を確認してからお申し込み頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。


サロンの大切なティーボウルたちは、ほとんどのものが英国 からお嫁に来た子です。やはり高価なものですので、目利きも出来ないため、はじめての1客は、日本の信頼できるアンティーク屋さんでお迎えしました。

美術館のガラスの中や、本で見て憧れていたティーボウルがサロンに来るなんて 勿体なくて、ドキドキして、なかなかお茶も出来ず、しばらく飾っていましたが、使い出したらとても飲み口が良く・・・いつか講座で生徒様にも使って頂きたいな~ とコツコツ収集してきました。

アンティークの茶道具は、製造された、そして使用されていた遙かな昔を振り返るとっておきのツール。過去にタイムスリップは出来ないけれど、過去から繋がっているお道具は歴史上の人々と共有が許される貴重なお品

20110508-107.jpg

今何客のティーボウルがあるのだろう。マスタークラス「チャールズⅡ世のティータイム」を機に、久しぶりに数を数えてみることに。

1つ、2つ、3つ、4つ・・・気付けば15客に
どの子もお迎えした際の思い出のある大切な子たち。200年、250年、歴代の持ち主たちの思いに応えられるように・・・次世代に継いでいきたいと思います。

私にとって紅茶の楽しさは、飲んでみての美味しさ+紅茶特有の文化から形成されているように思います。お茶が伝わり、日常の飲み物になるまでの歴史を知ること。その時代のお道具に触れること。

文化を学ぶ楽しさを知って、紅茶が大好きになりました。人を知るのと同じ。深くそのものを知ることで、私だけの「紅茶の魅力」が年々見つかっている気がします。

20110508-111.jpg

Cha Teaのマスタークラスには、4年も、5年も継続して通学してくれている生徒様がたくさん。マスタークラスだけで、100講座以上 受講して下さって入れる強者も両手で数え切れないくらい。

それぞれにとって、学ぶ価値のある「紅茶の魅力」がきっとあるんだろうなと思います。紅茶の魅力をテーマに、談義したら夜通し盛り上がれそうですね。

学べば学ぶほど何も知らないということが分かるようになる。何も知らないと分かるようになるほどもっと学びたくなる 【物理学者/アインシュタイン】

きっとまだ大きな学びの入り口辺りをウロウロしている私 何も知らないと素直に受け入れられると、全ての学びがキラキラ輝き・・・!これから紅茶が素敵な学びを与えてくれるのか・・・日々扉 を開けていきたいなと思います。

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
sidetitleプロフィールsidetitle

碧@Cha Tea

Author:碧@Cha Tea
紅茶教室 
Cha Tea紅茶教室

監修本 
紅茶のすべてがわかる事典

※当ブログ内のすべての画像の無断転用はお断りいたします

sidetitle夢を叶えるための名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。