FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北欧モダンのインテリア

★お教室からのお知らせ★
1月4日まで冬休みを頂いています。期間中、メールのお返事はレッスンのお申し込みを優先に承っています。その他のメールについてはお返事が少々遅くなりますので、ご了承下さい。

インテリアの好みは人それぞれ。Cha Tea のスタッフの自宅や認定校の先生のサロンもそれぞれの好みの空間が整えられています。我が家は、夫婦共々クラシカルな空間が好み。ですので、泊まるホテルも好みのインテリアのホテルをチョイスすることが多いのですが。

今回は北欧と言うことで。たまには家にないスタイルを!とホテルのお部屋もモダンなインテリアのお部屋にしてみました。自宅と異なりとても新鮮、斬新

[photo28044214]20101228-006

ロイヤルコペンハーゲン社の本店の中庭にあるこちらのカフェも・・・私たち夫婦からするととても斬新!!

モダンの中にクラシカルな肖像画や、食器。それがまあ何とも合うのです。最初は刺激的なのですが、しばらくすると馴染んできて・・・あらら居心地が良い。
これぞプロのなせる技ですね。「素人にはかなり難しい組み合わせだね~ 」と感心してしまいました。

こちらのカフェ、1リットルは入るのでは?という大きなティーポットに添えられてきた急須は何とミルクピッチャーとして使用されていました。(残念ながらミルクは高温でした)このアイデアはすぐにでも活用できそう

[photo28044248]20101228-007

コペンハーゲンのお水は硬度が350近いと言うことで、カップに注いだお茶のお色はかなりくすみがちです
こちらで人気の緑茶や、ダージリンなどの中国種の茶葉は、色・香・味共に、キャラクターが際だたないのが悲しいところなのですが、反対にフレーバードティーの香りはとても柔らかく・・・日本で頂くより飲みやすく感じます。お水って本当に不思議で、そして面白い存在です

さて、いよいよ本日で今年もラストですね。2010年、とてもとても濃厚な一年でしたが、最高に楽しんだ一年でもありました。
帰国して、久しぶりに見る「英国の家 」、モダンなホテル生活を経ているため・・・きっと改めて感動するだろうな~とワクワクしています。

来年もサロンにたくさんの生徒様の笑顔が輝きますように・・・。皆様、良いお年を

Cha Tea 紅茶教室
URL:http://tea-school.com/
sidetitleプロフィールsidetitle

碧@Cha Tea

Author:碧@Cha Tea
紅茶教室 
Cha Tea紅茶教室

監修本 
紅茶のすべてがわかる事典

※当ブログ内のすべての画像の無断転用はお断りいたします

sidetitle夢を叶えるための名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。